科学&教育の3Dスキャンデータ

使用機種   Eva Space Spider すべて
Eva
トピ 3Dモデル

アフリカン・アンテロープのこの美しい頭蓋骨は、Evaを使って、2回のセッションでスキャンされました。その後、ARTEC Studioを使って自動的に位置合わせを行いました。

Eva
魚 3Dモデル

魚は冷凍されているのでなければ、反対側をスキャンするためにひっくり返すと体の形状が微妙に変わってしまうため、実はスキャンが難しいオブジェクトです。

S. Spider
狐の頭蓋骨 3Dモデル

この小さく繊細な狐の頭蓋骨はARTEC Spiderを使ってスキャンしました。複雑そうに見えるモデルですが、実はスキャンが難しい箇所はありませんでした。

S. Spider
カエルの骨格 3Dモデル

テクスチャ情報が豊かな木板をオブジェクトの後ろに置いたことで、このカエルの骨格の細い骨を簡単にスキャンすることができました。

S. Spider
大きなメスの大ヒキガエル 3Dモデル

ARTEC Spiderを使って、カエルの皮膚の複雑な形状はたった6分でキャプチャできました!モデルは2段階に分けスキャンしました。

S. Spider
キタカワカマスの頭 3Dモデル

Spiderを使って、この正確なスキャンはたった6分で、テクスチャを含めた後処理は25分でできました。

S. Spider
部品 3Dモデル

プラスチック製部品。スキャンにかかった時間は5分、後処理には20分かかりました。

S. Spider
貝殻 3Dモデル

この貝殻は曲線や突起部など複雑な形状であるにもかかわらず、ARTEC Spiderを使って簡単にキャプチャできました。

Eva
背骨 3Dモデル

Evaを使ってスキャンした背骨のレプリカ実物よりも若干大きなこのオブジェクト.

S. Spider
ヒトデ 3Dモデル

このオブジェクトには細やかな形状と下側にはある小さな穴があり、このような細やかな部分を慎重にキャプチャする必要があるため、スキャンはかなり複雑です。

S. Spider
トウルカナ・ボーイ 3Dモデル

狐の頭蓋骨と同じように、トウルカナ・ボーイの頭蓋骨も2つに分かれており、それぞれ別々にスキャンし、後から位置合わせを行いました。

ご質問