サイエンス・教育3Dモデル

Artec 3Dテクノロジーでスキャン
Eva HD
ロブスター 3Dモデル

塩気のある外骨格、脚、そしてアンテナの隅々までが高解像度のカラー3Dで美しくキャプチャされ、それらはデジタルの世界で生まれ変わりました。

Eva
ワニの尾 3Dモデル

自然は完璧なデザイナーだと言われているが、Mr.Stubbsにこのことについて質問すれば、彼もその通りだと賛成するだろう。

S. Spider
牛の心臓 3Dモデル

Artec Space Spiderでスキャンした牛の心臓。臓器をスキャンする難しさは、これが柔らかく、ひっくり返すと変形してしまうため、あらゆる角度からスキャンして後から位置合わせをするのが困難となる点です。

Eva
トピ 3Dモデル

アフリカン・アンテロープのこの美しい頭蓋骨は、Evaを使って、2回のセッションでスキャンされました。その後、ARTEC Studioを使って自動的に位置合わせを行いました。

Eva
魚 3Dモデル

魚は冷凍されているのでなければ、反対側をスキャンするためにひっくり返すと体の形状が微妙に変わってしまうため、実はスキャンが難しいオブジェクトです。

S. Spider
花 3Dモデル

Artec Space Spiderでこの花をスキャンするのはとても簡単な作業でした。オブジェクトをひっくり返すと、花びらの形状が変わってしまうということだけ注意が必要です。

S. Spider
狐の頭蓋骨 3Dモデル

この小さく繊細な狐の頭蓋骨はARTEC Spiderを使ってスキャンしました。複雑そうに見えるモデルですが、実はスキャンが難しい箇所はありませんでした。

S. Spider
大きなメスの大ヒキガエル 3Dモデル

ARTEC Spiderを使って、カエルの皮膚の複雑な形状はたった6分でキャプチャできました!モデルは2段階に分けスキャンしました。

Leo
ミス・ルーシー、別名「スクート」 3Dモデル

生後7か月の子犬、ルーシーはスキャンの最中に疲れていました。一日の終わりの夜遅く、ルーシーはオットマンに飛び乗り、居眠りしようとしていました。これは、Leoをスキャンする完璧なチャンスでした!

Leo
ミスター・ウィルソン、別名「バンブーズル」 3Dモデル

7歳のアイボリー色のラブラドールレトリバー犬であるウィルソンは、とても食いしん坊です。彼に十分な量のごちそうを与えなければ、このスキャンはきっとできなかったでしょう。大幅な調整の後、ウィルソンは居心地の良いオットマンの上に腰を下ろしました。これにより、30秒間は大体静止状態でいることができ、すべての側面、上面、底面からの3Dスキャンが可能になりました。

S. Spider
エリンギ 3Dモデル

このヒラタケ科に属するエリンギは、その大きさと厚さが手頃で非常にスキャンしやすいオブジェクトでした。

S. Spider
キタカワカマスの頭 3Dモデル

Spiderを使って、この正確なスキャンはたった6分で、テクスチャを含めた後処理は25分でできました。

S. Spider
部品 3Dモデル

プラスチック製部品。スキャンにかかった時間は5分、後処理には20分かかりました。

S. Spider
フグ 3Dモデル

Space Spiderでスキャンしたハリセンボンの剥製。半透明の皮と複雑な形状により、やや難しいオブジェクトでした。

S. Spider
貝殻 3Dモデル

この貝殻は曲線や突起部など複雑な形状であるにもかかわらず、ARTEC Spiderを使って簡単にキャプチャできました。

Eva
背骨 3Dモデル

Evaを使ってスキャンした背骨のレプリカ実物よりも若干大きなこのオブジェクト.

Micro
リスの頭蓋骨 3Dモデル

広い目で見れば、熱圏から50マイル以上から私たちの世界を見下ろすとき、この東方の灰色のリスの頭蓋骨は、核を取り巻く単一の電子と同じくらい重要であると言う人もいるかもしれません。しかし、だからといって、間近で美しさを損なうことはありません。ですから、それがバージニアトレイルで発見されたその孤独な冬の日に、それは見事な3Dモデルを作るであろうとそこで決められました。

S. Spider
ヒトデ 3Dモデル

このオブジェクトには細やかな形状と下側にはある小さな穴があり、このような細やかな部分を慎重にキャプチャする必要があるため、スキャンはかなり複雑です。

S. Spider
ステゴサウルスのスケルトン 3Dモデル

デンバー自然科学博物館のステゴサウルスは全長8m、全高3mです。

Combo
ケンジントンルーンストーンの 3Dモデル

Artec Eva とSpace Spiderでスキャンされています。Evaはより高品質なデジタルレプリカを作成するために石全体を、Space Spiderは彫刻された文字やその周りの石材をより詳細にキャプチャしてルーン文字をスキャンするために使用されました。その後、最終的な3Dモデルを制作するために、それぞれのスキャンデータがひとつに統合されました。

Leo
トリケラトプスの頭蓋骨 3Dモデル

この課題は先史時代の一部であるトリケラトプスの頭蓋骨を仮想表示や学術研究のためにデジタル化し、レプリカを作成することでした。

S. Spider
トウルカナ・ボーイ 3Dモデル

狐の頭蓋骨と同じように、トウルカナ・ボーイの頭蓋骨も2つに分かれており、それぞれ別々にスキャンし、後から位置合わせを行いました。

最初
最後
お問い合わせ