3Dスキャンソルーション

Artec 3D社のウクライナへの支援内容

Leo 3Dスキャンモデル

Artec 3Dテクノロジーでスキャン
Leo HD

このディテールを多く含み、光沢のある金属の高解像度モデルは、穴がたくさんあり、スキャナが届きにくい部分もありましたが、合計約35分で作成されました。

Leo HD

スキッドステアローダーのこの人気の多用途モデルは、HDモードのArtec Leoによって高解度の3Dで90分足らずでキャプチャされました。

Leo HD

光沢のあるパーツと繰り返し模様は、多くの場合に難題となるに決まっているとお思いかもしれませんが、2022年度版Artec Leoの使用でこちらのアクスルシャフトがわずか10分で詳細を含んでキャプチャされました。

Leo HD

ボックススタイルのあごひげに、コームオーバーとスキンフェードの髪型は、サブミリレベルの精度の無数のポリゴンで忠実に再現され、無料で.stl形式の人間の3Dモデルファイルに書き込まれました。

Leo HD

HDモードと呼ばれる、Artec Studio 15のAIが搭載された機能によって強化されたこのスキャナは、スキャンの際にスプレーやマーカーを使用せずに、エンジンの細部をすべて高解像度でキャプチャすることができました。

Leo HD

このモデル全体をよくご覧になってください。線やディテール、フォームなどから、この3Dモデルがいかに驚異的な精度で元のオブジェクトを表しているかをご確認ください。

Leo HD

ほんの数分のスキャンで、フレームのジオメトリの大部分をキャプチャして、HDモードがどれほどのものかを鮮明に示すことができました。

Leo HD

クランクケースにある全ての薄いエッジと角度の付いた表面、そしてそのそれぞれの構造にある補強部分は、間違いなく忠実にキャプチャされました。

Leo HD

6気筒の内燃機関において重要なパーツであるこのクランクシャフトは、HDモードのArtec Leoによってわずか8分でスキャンされました。

Leo HD

この詳細が豊富なスノーモービルの3Dモデルを一度ご覧になれば、元のオブジェクトを3Dスキャンすることがどれほど困難であったか、お分かりいただけるはずです。

Leo HD

Artec Leoのオンボード自動処理と内蔵されたHDディスプレイのおかげで、スキャンは瞬く間に行われ、細部を見逃す心配は要りませんでした。

Leo HD

この小型で軽量、そしてオフロード仕様の車は、これを所有するオーナーによってほとんどゼロから組み立てられました。しかし、この車のトランスフォーメーションはそこで終わりませんでした。