ARTEC 3D スキャナと品質管理

古い水道管のフィットネス テスト

Thames Water社はイギリスの世帯に安定的な水供給を確保するためにARTEC Evaを使いました。

詳細を読む

オバマ大統領の3D胸像

ARTEC Evaでオバマ米大統領をスキャンし、史上初となる大統領の3D胸像を制作しました

詳細を読む

ARTEC 3Dの各種スキャナ&CGI

映画『ジュラシック・ワールド』で恐竜を再現

ARTECのスキャナを使い、映画史上最も本物に近い恐竜模型を作成しました

詳細を読む

品質管理に使用される ARTEC 3D各種スキャナ

鋳造現場でもEvaが大活躍

詳細を読む

セント・クラウド州立大学は

仮想学習体験を創造しました

SpiderとAS 10は大学のリアリティキャプチャプロジェクトでキャプチャできるオブジェクトの範囲を広げました。

詳細を読む

最新情報

CADやエンジニアリング関連の数々の出版物は、私達が以前発信したストーリーで、大気汚染とウイルスから子供達を保護するために3Dテクノロジーを利用することについてを取り上げています。
Artec 3Dは、2021年度の3D Printing Industry Awardsのショートリストに選ばれました。是非オンラインで投票に参加をして、10月21日(木)の授賞式のためにカレンダーに印を付け、当日はライブストリームで結果発表を鑑賞しましょう。
工業デザインから製造、ヘルスケア、さらにはCGIまで、Artecスキャナに関して「不可能」という言葉を使用する理由はほとんどありません。

クラウドインテグレーション、リバースエンジニアリングと品質検査用のCAD、AIを搭載したHDモードの改善、そしてCGIの写真のようなテクスチャが、Artec Studio16で強化された機能のハイライトです

従来、スキャナが移動する体に使用されると、スキャナは矛盾する空間座標を受け取ってしまうため、均一な形状ではなく、3次元の「モーションでボヤけたもの」が発生してしまいます。よってこの彼女の場合、 可能な限り完璧に馬をデジタルでキャプチャすることは必須となりました。

オーストラリアで「予期せぬ何かが急に現れた」と言われたら思わず連想してしまうのは、町にやってきたなにか悪さをしかねない哺乳類か、近づきたくもない驚異的な大きさの蜘蛛といったところでしょう。しかし今回いきなり姿を現して人々を驚かせたのは、一隻の船でした。

Artec Evaによる3Dスキャンは、シリコンバレーのとある父親が、大気汚染やウイルスから子供を保護するための究極のマスクを発明するのに役立ちました。

長崎市恐竜博物館のために、ナチュラリス生物多様性センター(以下「ナチュラリス」)の研究者が最古版として知られるティラノサウルス・レックス(以下「Tレックス」)の3DレプリカをArtec Space Spiderを使用して作成した様子をご覧下さい。

「すべての道はローマに通じている」という言い伝えがあります。あるとき、3Dスキャンを使用するプロジェクトのために、カナダからバチカンへの旅がある男性に決まりました。

Artec 3Dスキャナで作物をひとつひとつスキャンすることにより、科学者達は最高の特性を持つ作物を特定し、それらを使用して優れた作物をより多く育種することが可能になります。

親が自分達のすべての子供を愛するのと同じように、私たちは私達のすべての動画を愛していますが、その中でも私達が特にイチ押しする動画をご覧になりたいという方には、「Artec MicroとGeomagic Control Xを用いて、プロのように部品の検証をする方法」と題された動画をお勧めします。

ある研究者は、「ペレニアルライグラス」もしくは「ホソムギ」と呼ばれるイネ科で多年草の農作物のハイスループット表現型に焦点を当て、植物育種家や農民にとって最も望ましい特性を持つ苗を特定するプロジェクトを手掛けていました。

HDモードについての詳細情報や、このモードの利用でどのような改善が期待できるのかということにご興味がおありの方は、Artec 3Dのトレーニングマネージャーであるアントン・ポポフ(Anton Popov)氏によって開催される私達の最新のワークショップをご覧ください。

こちらのワークショップでは、名の知れたトレーニングマネージャー兼3DスキャンリーダーであるAnton Popov(アントン・ポポフ)氏が、複数のArtecスキャナ (Space Spider、Eva、Leo、Ray)から得たデータをまとめる方法をご紹介いたします。 その際には、生データ(スキャン)をまとめるワークフローと、処理されたデータ(メッシュ)をまとめるワークフローの2通りがありますが、その両方をご覧いただけます。

この1919年製のハーレーの物語はオランダを舞台としていましたが、そのニュースは世界中を駆け巡りました。

Artec Evaは、複雑な形状のオブジェクトなどの3Dモデルにしにくいオブジェクトをスキャンするために、Pikcells社や彼らのクライアント会社の両方で定期的に使用されています。その後、これらのスキャンはAR/VR対応の3Dモデルに変換されます。

南アフリカの世界遺産の一つである「人類のゆりかご」と呼ばれる人類化石遺跡群で働く考古学者達は、化石の発掘とそれを手動で再構築する作業にハンドヘルド3Dスキャナを利用しました。その作業は、発掘された何百もの断片から、非常に珍しい類人猿の頭蓋骨を無事つなぎ合わせることが目的でした。

メディカルアート科の学生は、メディカルイラストレーターとしての仕事の基盤になる正確な3Dモデルが必要です。ダンディー大学は、さまざまなアプリケーションで使用できる3Dモデルを簡単に作成するための、最先端の3Dスキャナの2つである Artec Eva と Space Spiderの使い方を学生に教えます。

ここでのタスクとは、救助活動や環境の監視パトロール用にヘリコプターが見下ろす領域の航空写真をキャプチャできるよう、ヘリコプターに斜め下向きのカメラを装備することでした。

ある考古学者は、高湿度の環境に置かれた古代ペルーの遺物や、岩石や洞窟内部の壁面に施された彫刻(ペトログリフ)を、従来の写真測量法よりもはるかに確実に、そして迅速にデジタル保存できる方法を探していました。

イグニッションの開始とエンジンの始動に不可欠な、そのヴィンテージバイクのディストリビューターキャップは、当時生産されていた部品がArtec Space Spiderによりスキャンされ、その3Dモデルが3Dプリントされたものです。

3Dスキャン技術のリーダーは、新年度のグローバル認定販売代理店と共に、世界規模でその存在感の拡大をし続けています

コンピューターゲームと車づくりに情熱を抱いていたクリス・アシュトン(Chris Ashton)氏は、彼の職業と情熱をきっかけとして3Dスキャンの世界に足を踏み入れるまで、それほど時間はかかりませんでした。

フクロオオカミの標本の、何百にも及ぶ高解像度3Dスキャンを使用して、とある研究チームは各標本を熱心に測定しました。そして、フクロオオカミの完全な骨格の3Dスキャンを使用して、デジタル計量用にフクロオオカミの実物にそっくりな3Dモデルの模型をデジタルで作成しました。

1500年代のマントヴァ地域に住んでいたユダヤ人コミュニティの市民達は、まさか500年後に自分達の子孫が将来このコミュニティを象徴する、この歴史的遺産を家から一歩も出ずに丸ごと全て、360度どこからでも詳しく探索できるようになるなんて、想像もつかなかったことでしょう。

とある名の知れた法人類学者は、VR(仮想現実)を利用した画期的なコースのために何百もの骨をキャプチャして、それを解剖学的に正確な3Dモデルに変換しなければならなくなったので、3Dスキャンの採用に目を向けました。

Artec 3Dは、2,300社以上のノミネートの中から、2021年度におけるスティービーアワードのセールス&カスタマーサポート部門にて銅賞を受賞いたしました。

小耳症を持って生まれた子供達を助けることに専念するカリフォルニアの形成外科医は、彼女の患者達のために最も現実的で長持ちする耳を作るための、より穏やかでより速い方法を探していました。

製造会社は、Artec Evaを使用して品質管理を行い、製品の正確な精度を確保します。

milk-design チームはArtec Microを使用することで、宝石のセッティングとカスタムデザインのジュエリーの両方を完全に持続可能な方法を用いて自分達で作成できるようになりました。

最先端技術を駆使して高性能を追求するシャーシ設計スペシャリストが、精度や安全性にこだわりつつ、日々のプロジェクトのワークフローを劇的にスピードアップさせてくれる方法を模索していました。

オーブンから出したての、美味しそうなピザがもし目の前にあったら、まさかそれを3Dスキャンしようと思う人はあまりいないでしょう。しかし、ポーランドのとある3Dスキャン専門家にそれを実際に行う機会がやってきました。

英国を拠点とする非営利団体のREMAPは、既製製品の使用や、英国国民保健サービス(NHS)などの支援手段の利用では不備が伴ってしまう障害者のために、特別なソリューションを提供します。

19世紀の黄銅製の棚受けブラケットは、保存と改造、そして資金調達のためにArtec Space Spiderでスキャンされました。

神聖な仏教遺跡にあるランドマークの、非常に細かいディテールを持った完璧な3Dモデルは、 複数のハンドヘルド3Dスキャナのコンビネーションによって作成されました。

ある日、3D Printing Colorado社のチームは、LinkedIn(ビジネス特化型ソーシャルメディア)の投稿によって、締め切りが迫っていたこのスキャンコンテストの存在を知り、これは検討する価値があると思ったそうです。