Ray 3Dスキャンモデル

Artec 3Dテクノロジーでスキャン
Ray
テクスチャのある飛行機 3Dモデル

クレムL25d VIIR LX-MAのテクスチャ付きのこの3Dモデルは、SketchfabのPBR(フィジカルベースドレンダリング)モードで作成しました。 特に、「鏡面」「カラー」「光沢」セッティングを使用しました。

Ray
テクスチャのない飛行機 3Dモデル

このクレムL25d VIIR LX-MA機は、ルクセンブルクのモンドルフ・レ・バンにある航空博物館に展示されています。この飛行機は博物館の高い天井から吊り下げられているため、短距離スキャナでスキャンするには極めて難しいオブジェクトとなっていたでしょうが、110m先のものまでスキャンできるArtec Rayにとってはシンプルなオブジェクトでした!

Combo
教会のファサード 3Dモデル

Artecチームは常に3Dスキャナをあらゆる種類のテストで実験をし、それらのスキャナがどのようにして幅広い種類のオブジェクトを処理するかを確認します。また、それらのテストでは最も正確な結果を提供するために、最良の道を辿ります。このページで、このようなテストプロジェクトの1つをご紹介いたします。

Ray
慈悲の女神像 3Dモデル

人々がよく訪れる、観音を記念して作られた銅像である慈悲の女神は、もともとあった中国の深セン市から移される予定ですが、破壊、損傷、または忘れられた場合に備えてそれを保存する必要がありました。

Combo
ミシェル・ロダンジ(Michel Rodange)の記念碑 3Dモデル

스캐닝이 시작된 지 2시간이 채 안 되어 조각상 전체를 위에서 아래로 캡처하였습니다. 그 후, 각 스캔을 Artec Studio 소프트웨어에서 병합하여 조각의 통합된 3D 모형을 만들었습니다. 이렇게 나온 3D 모형은 매우 세밀하여 조각상을 리버스 엔지니어링하는 데 사용할 수 있습니다. 예를 들어, 3D 프린팅을 위한 축소된 모형이나 박물관이나 역사학회의 가상 탐방을 위한 VR 버전을 만들 수 있습니다."

Ray
スマートカー 3Dモデル

このスマートカーの完全モデルは、車体をあらゆる角度から、さまざまなポジションで10~13回に分けてスキャンして作成しました。また、車体をリフトで持ち上げ、車体の下からも2回スキャンを撮りました。

最初
最後