テクスチャのない飛行機

このクレムL25d VIIR LX-MA機は、ルクセンブルクのモンドルフ・レ・バンにある航空博物館に展示されています。この飛行機は博物館の高い天井から吊り下げられているため、短距離スキャナでスキャンするには極めて難しいオブジェクトとなっていたでしょうが、110m先のものまでスキャンできるArtec Rayにとってはシンプルなオブジェクトでした! 完璧な3Dモデルを作成するため、Artec Rayを飛行機の周辺、26ポジションに配置し、12個の小型球体と6個の大型球体を使用しました。この球体は磁石で、博物館に展示された金属構造体に簡単にくっつけることができました。 この飛行機をスキャンする際に、別の展示物が邪魔になる位置にあったため、スキャンが特に簡単だったというわけではありませんでした。また、展示ホールの真ん中には階段があり、飛行機の真下にスキャナを置くこともできませんでした。 Artec Rayを期待から適切な距離に配置するために、スキャナを展示ホールの壁の外側に置きました。機体の一部は、ガラス戸を通してスキャンしました。 スキャンがそう簡単ではなかったため、機体のスキャンに丸1日かかり、フル充電のバッテリーを3つ使用しました。 いろいろと困難があったにもかかわらず、Artec Rayはこの飛行機の高品質3Dモデルを作成することができました! 実際、後処理段階になり、この飛行機のキャビンには、実は、2つのパイロットのマネキンが座っていたことまで分かりました! パイロットとワイドスクリーンは、サードパーティのソフトウェアでモデルを作成しました。

スキャナ: 
3Dモデルをダウンロード:
STL [98.23 MB]
WRL [59.73 MB]
お問い合わせ