テクスチャのある飛行機

クレムL25d VIIR LX-MAのテクスチャ付きのこの3Dモデルは、SketchfabのPBR(フィジカルベースドレンダリング)モードで作成しました。

特に、「鏡面」「カラー」「光沢」セッティングを使用しました。

PBRの反射を良くするため強度の異なる白色照明を3つ使用し、照明のシーンを作りました。

今回のような大型プロジェクトで高品質テクスチャを得ようとする場合、写真測量を使用するのがベストです。あらゆる角度からオブジェクトの写真をたくさん撮り、影ができないようにすることと、テクスチャがはっきりと見えるようにしながらオブジェクト全体に均等に光を当てます。そして、Reality CaptureやAgisoftなど、写真測量ソフトウェアを使って写真の位置合わせをしていきます。ここまでくれば後は、Artec Rayがキャプチャした形状とテクスチャの付いたモデルのいち合わせをするだけです。

スキャナ: 
お問い合わせ