ロブスター

Artec Evaの多くの熟練したユーザーは、この3Dの甲殻類を目にしたときとても喜び、驚愕しました。何といっても、7年以上前のスキャナからこのような最先端技術の結果を誰が想像したでしょう?
沢山のオブジェクトのキャプチャをしてきた経験がある、熟練したスキャンのエキスパートでさえ、この無愛想な小さなカリブ海の仲間を目の前にしたら、Space Spiderに手を伸ばしていたでしょう。しかし、Artec Studio 15の新しいHDモードで、すべてが変わったのです。これにより、塩気のある外骨格、脚、そしてアンテナの隅々までが高解像度のカラー3Dで美しくキャプチャされ、それらはデジタルの世界で生まれ変わりました。
 
スキャンを容易にするために、この生命のない節足動物は突き出した棒からの糸によって吊り下げられました。継続的なトラッキングと、処理中の簡単な位置合わせを確実にするために、その脇には塗装された背景がありました。このような設定のおかげで、スキャン中にオブジェクトをそれ以上手で扱う必要もなく、スキャナとオブジェクトの間に何も邪魔になるものもなかったので、すべてのサーフェスとジオメトリに完全にアクセスすることができました。背景の再配置に費やした時間を含めて、10〜15分で、Evaはロブスター全体を3215フレームでキャプチャしましたが、それ以下でも十分に可能でした。
 
9倍の解像度でのHD再構成には11.5分かかりました。すべてのスキャンは、高めの設定で背景とは別に位置合わせされました。その後数分で、ベースの除去とスキャンの調整、外れ値の除去、そしてシャープメッシュ化(0.3で全て完全に穴埋め)が行われました。このオブジェクトの寸法がどれくらいだったかというと、尾の最も薄い部分はわずか0.5mmでした。

スキャナ: 
スキャン時間: 
10 minutes
HD再構築時間: 
11.5 minutes
処理時間: 
30 minutes
3Dモデルをダウンロード:
OBJ [19.67 MB]
STL [40.57 MB]
PLY [16.92 MB]
WRL [27.46 MB]