ワニの尾

自然は完璧なデザイナーだと言われているが、Mr.Stubbsにこのことについて質問すれば、彼もその通りだと賛成するだろう。ワニの動きに関する専門家であるジャスティン・ジョージ教授は、新しい義足をゼロからデザインしようとするのではなく、同じような大きさのワニの尾を3Dスキャンし、スタブス氏の新しい尾を鋳造モデルとして使用することを選びました。販売代理店Stax3D 社の助けを借りて、まず最近死んだワニの尾をスキャンし、プリントするためのエクスポートにEvaを使用しました。5mmと小さなディテールをキャプチャする能力を持つスキャンEvaは、リアルで完璧にフィットする、彼らが必要としていた実物さながらの精度を提供することが出来ました。また、新しい装具が解剖学的にも快適に一致するかを確認するために、スタブス氏の尾の残った部分もスキャンされました。

スキャナ: 
スキャン時間: 
5分
処理時間: 
20分
お問い合わせ