キリンの頭蓋骨

珍しい生き物の骨や骨格、頭蓋骨などの壊れやすい歴史的遺物をデジタル化する場合、それが例えば恐竜やマンモス、または古代の人間の遺体だったとしても、3Dデータの品質は重要になります。

このキリンの頭蓋骨には多くの開口部や鼻腔、自然な隆起がありました。また、歯や薄い層、そして骨などの小さくて壊れやすい部分がたくさんあった上に、色が白くテクスチャがあまりなかったおかげで、通常ならば非常にスキャンが難しい条件の下にありました。しかし、それはEvaには当てはまりませんでした。Artec 3Dの新しいHDモードのおかげで、頭蓋骨のジオメトリはデータを追跡したり、キャプチャするのに十分だったので、このスキャナは頭蓋骨内にあった小さく届きにくい要素や上部の領域全体を驚異的なクオリティと解像度でキャプチャすることができました。

このレベルの詳細は、以前はArtec Space Spiderでしか得られませんでした。しかし現在では、EvaがこのHDモードを搭載しているため、はるかに小さな要素や、はるかに幅広い歴史的遺物をキャプチャすることができるようになりました。また、このスキャナが歴史保存や、教育、そしてデジタル化をする場において活躍できる可能性も無限大にあります。

スキャナ: 
スキャン時間: 
6分
HD再構築時間: 
4分
処理時間: 
15分
3Dモデルをダウンロード:
OBJ [19.15 MB]
STL [38.73 MB]
PLY [16.03 MB]
WRL [26.91 MB]