魚は、凍ってでもいない限り、反対側をスキャンしようと反転させると体の配置が変化してしまうため、スキャンするのが非常に難しいオブジェクトになる可能性があります(この場合はそうではありません)。この問題の解決策は単純で、糸でつるして回転させさえすれば、スキャナを移動する必要はありません。後は魚にお任せという状態で、スキャンには20秒もかかりません。魚のサイズは、多くの場合、その反射性と時に真珠色に輝く性質のために、プロフェッショナルな3Dスキャナでも問題になる可能性があります。しかし、Evaはもののみごとにこの魚の皮膚をキャプチャしました。すべてのスキャンと後処理を含め、最初から最後まで、2分以内に行われました。

スキャナ: 
スキャン時間: 
>1 min
処理時間: 
1 min
3Dモデルをダウンロード:
OBJ [18.13 MB]
PLY [12.12 MB]
MAYA [18.13 MB]
お問い合わせ