タワーウェルバルブ

カリフォルニア州パロアルトの歴史的建造物であるこの井戸塔バルブ弁は1900年代初頭に作られ、当時では最新の近代的な技術であると考えられていました。バルブは、ポータブルのバッテリーとタブレットに接続されたArtec Evaで、その場でスキャンされました。オブジェクトのカーソルレビューは、鮮やかな3Dで、隅々まで詳細を映しています。もともと220VのGeneral Electric社製モーターに接続され、水位が低いレベルになると、バルブを開くために電気信号が送られ、井戸が再び一杯になるという非常に特別な機能がありました。水が一定のレベルに達すると、バルブを閉じるために別の信号が送られます。当時としては非常に革新的でイノベーティブな技術でした。

スキャナ: 
スキャン時間: 
15 min
処理時間: 
40 min
3Dモデルをダウンロード:
STL [7.07 MB]
WRL [8.51 MB]
BLEND [8.82 MB]
お問い合わせ