トライポッド

長い間、Artec Evaは小~中型のオブジェクトに最適なスキャナでした。私達の3Dモデルコレクションとケーススタディにさっと目を通すと、Evaがあらゆる種類のオブジェクトやタスク、そして目的のために行ってきた多くの方法が明らかになるはずです。Artec Studioの新しいバージョンであるAS15で、Evaは新しいHDモードの搭載によりレベルアップし、非常にシャープで詳細を含む、クリーンなスキャンを実現することができました。Evaを使用すればどんなオブジェクトでもスキャンができると以前からすでに感じていた方は、現在ならどんなことがさらに可能になったのかを是非ご覧ください。

細い線やシャープなエッジは以前からスキャンが難航しがちでしたが、新しいHDモードのおかげで、そういった今まで難しかった領域も、もはやほとんど困難ではなくなりました。色が黒で、キャプチャしなければならないさまざまな細部を含むものが加わると、従来はスキャンはかなり難しいものになっていました。しかし現在、そのようなオブジェクトは以前と同じように迅速にスキャンされます。手順は何も追加しなくても良いのです。さらに、到達しにくい領域を処理するオプションもありますし、ノイズを最小限に抑えて、よりクリーンでシャープに、より詳細を含むように、可能な限り原物に近い最終結果を得ることができます。

是非ズームインをしてみたり、向きを変えてみたり、隅々まで探索してみたりして、このトライポッドをよくご覧ください。そして現在AS15で利用できるオプションを考慮してみてください。

スキャナ: 
スキャン時間: 
8分
HD再構築時間: 
6分
処理時間: 
15分
3Dモデルをダウンロード:
OBJ [39.71 MB]
STL [76.02 MB]
PLY [31.89 MB]
WRL [55.06 MB]