産業用コンプレッサー

通常、このようなオブジェクトのスキャンはその難しいジオメトリのため、Evaのスキャン能力だけでは手に負えませんでした。コンプレッサーの多くの薄い隙間やエッジは、小~大型の工業用部品にとって典型的であり、通常モードでスキャンすると過度のノイズや不正確なサーフェスをもたらしてしまうことが多々あります。しかし、HDモードを使用することにより、Evaは1876フレームでコンプレッサー外部の全スペクトルをキャプチャすることができました。

使用用途がリバースエンジニアリングであろうと、品質検査であろうと、この3D印刷が可能な素晴らしいコンプレッサーのモデルはお手頃価格です。Artec Studio 15以降では、正確な位置合わせと基本的なプリミティブを組み合わせて、このモデルを大規模なCAD作業用に備えることができます。また、Artec Studioのサーフェス距離マッピングにより、この無料のコンプレッサー3DモデルをCADモデルや他の3Dスキャンと1mmずつ比較することができます。

HDモードでのスキャンの明確な特徴の1つは、キャプチャの深さです。それは、このコンプレッサーのようなオブジェクトをスキャンするときに重要であることがわかります。以前は、深さが余分にあるサーフェスとセクションは手の届かないところにあることが多く、そのような場合は再スキャンが必要になるか、もしくは手動で段階的に編集する必要がありました。HDモードは、このようなな幅広い対策を過去のものにします。また、Evaの幅広いキャプチャ領域と、高速なフレーム率を組み合わせることにより、いかなるサイズのオブジェクトでも、どんなに複雑なオブジェクトでも、たった数分でキャプチャして、3Dモデルに変換することができます。

スキャナ: 
スキャン時間: 
3 minutes
HD再構築時間: 
4.6 minutes
処理時間: 
8 minutes
3Dモデルをダウンロード:
OBJ [31.14 MB]
STL [63.74 MB]
PLY [26.95 MB]
WRL [43.87 MB]