オートバイのホイール

オートバイのホイールのようなオブジェクトをスキャンする場合、スキャンが困難になる要因がいくつかあります。まず、光沢のある部分がいくつかあるはずです。他に、色が黒い部分もあるはずです。そしてまた他には、非常に薄く、鋭いエッジがたくさんある部分もあるでしょう。リムやバルブ、スポーク、そして他の細部が加われば、そのスキャンには大きな難題が発生するはずです。その上、到達するのが難しい領域やアクセスできない部分、スキャンするのが難しい角度も必ずあるはずです。しかし、Artec Studioに追加されたAI搭載のHDモードを使用すると、これらの課題の対処がはるかに簡単になります。この場合、手の届きにくい領域や薄型のオブジェクトを正確に、しかも高解像度でキャプチャし、3Dモデルとして得られたのです。
 
Artec Evaでスキャンすると、一般的にスキャンを困難にすると言われている2つの要因が克服されます。それは、黒い表面と光沢があるオブジェクトです。タイヤが細かいジオメトリを持つ一方で、ホイールの細かいトレッドはシャープなはずです。また、ホイールの中央にあるシリンダーが完全にキャプチャされていることも確認できるはずです。スキャンをするときはノイズも最小限に抑えられるため、よりクリーンなスキャンが可能になるのです。これはすべて、HDモードのおかげでアップグレードされた機能によるものです。この3Dモデルをご覧ください。モデルを回転させて、あらゆる角度からズームインをして、正確にキャプチャされた細部をよく観察してみて下さい。EvaとHDモードの組み合わせによって、この見事な3Dモデルが生まれました。これは、元のホイールに可能な限り近いモデルです。

スキャナ: 
3Dモデルをダウンロード:
OBJ [42.04 MB]
STL [89.04 MB]
PLY [35.13 MB]
WRL [57.51 MB]