牛の心臓

Artec Space Spiderでスキャンした牛の心臓。臓器をスキャンする難しさは、これが柔らかく、ひっくり返すと変形してしまうため、あらゆる角度からスキャンして後から位置合わせをするのが困難となる点です。このケースでは、心臓を凍らせ、スキャン開始の約15分前にこれを取り出し、表面に氷の結晶が残らないようにしてからスキャンしました。こうすることで、心臓はひっくり返しても形を保ち、スキャンを素早く、スムーズに行うことができました。または、心臓を天井から吊るし、1回のスキャンでキャプチャする方法もあります。

スキャナ: 
スキャン時間: 
20 分
処理時間: 
30 分
3Dモデルをダウンロード:
STL [29.67 MB]
お問い合わせ