ステゴサウルスのスケルトン

デンバー自然科学博物館のステゴサウルスは全長8m、全高3mです。この恐竜のスケルトンは常設展示用に組み立てられており、各骨がばらばらにならず、そのままの形を保てるように、成形した鉄をあちこちに溶接していました。そのため、非常に難しいスキャンプロジェクトとなりました!Triebold Paleontology, IncがArtec Space SpiderとArtec Studioソフトウェアを使ってこの恐竜をスキャンしました。この過程の中では、胸郭内を這って進み、恐竜の背中に取り付けられた大型の扇形の皿を上から取るために、梯子の上から面白いアングルでも撮りました。鼻先から、尾の先端の巨大な尖った先端まで、このスキャナは必要なエレメントをすべてキャプチャすることができました。Artec Studioを使用し、スキャンデータの位置合わせを行っただけではなく、3Dモデルとして取り扱いやすく、3Dプリントが可能な程度まで、メッシュサイズを下げることもできました。

スキャナ: 
スキャン時間: 
1 week
処理時間: 
2 months
Number of scans: 
629 individual scans across 71 scan projects
お問い合わせ