ミスター・ウィルソン、別名「バンブーズル」

7歳のアイボリー色のラブラドールレトリバー犬であるウィルソンは、とても食いしん坊です。彼に十分な量のごちそうを与えなければ、このスキャンはきっとできなかったでしょう。大幅な調整の後、ウィルソンは居心地の良いオットマンの上に腰を下ろしました。これにより、30秒間は大体静止状態でいることができ、すべての側面、上面、底面からの3Dスキャンが可能になりました。最初から最後まで、ウィルソンはずっとごちそうを見つめていました。今回、移動中にスキャナをすばやく上下させることは重要でした。そのおかげで、スキャナが彼の周りを正弦波状の経路でたどり、最速で最も完全なスキャンが保証されたからです。処理の段階では、人体スキャンの場合とほぼ同じように、動きのわずかな修正のみが必要でした。次に、オットマンが単独でスキャンされ、それとウィルソンのスキャンは1つのモデルにまとめられました。ウィルソンの体重がオットマンの表面をへこませていたため、いくつかのテクスチャエラーが発生してしまいました。以後のスキャンでは、形状の圧縮と変形を回避するために、頑丈なプラットフォームがお勧めです。そのようなプラットフォームまたはスツールは、元気で小さい手足をよりしっかりと定位置に保つために、滑りにくい表面でなければなりません。

スキャナ: 
スキャン時間: 
30秒
処理時間: 
1時間未満
お問い合わせ