リスの頭蓋骨

"広い目で見れば、熱圏から50マイル以上から私たちの世界を見下ろすとき、この東方の灰色のリスの頭蓋骨は、核を取り巻く単一の電子と同じくらい重要であると言う人もいるかもしれません。しかし、だからといって、間近で美しさを損なうことはありません。ですから、それがバージニアトレイルで発見されたその孤独な冬の日に、それは見事な3Dモデルを作るであろうとそこで決められました。その後まもなく、スキャンが起こりました。Artec Microはその日のステージのスターであり、失望した観客はいませんでした。10分未満で、この骨の小さな宝石(長さ:55mm × 高さ:26mm × 幅:34mm)のすべての表面が、精巧な高解像度カラー3Dでキャプチャされました。Artec Studioでスキャンを3Dモデルに処理するには少し時間がかかりました。スキャンから3Dモデルの準備が整うまでのプロジェクト全体は30分未満かかりました。

詳細については、次のWebサイトをご覧ください。https://www.artec3d.com/ja/cases/artec-micro-3d-scans-squirrel-skull"

スキャナ: 
スキャン時間: 
2つの位置でそれぞれ4分15秒
処理時間: 
12分
お問い合わせ