トリケラトプスの頭蓋骨

この課題は先史時代の一部であるトリケラトプスの頭蓋骨を仮想表示や学術研究のためにデジタル化し、レプリカを作成することでした。
Artec Leoに、Artec Studio、それに到達が難しい領域に使用するためのはしごを使用して、頭蓋骨がスキャンされ、完全な3Dモデルが作成されました。現在、訪問者と学生は、世界のどこからでも、CU自然史博物館の最も人気のある展示をいつでも見ることができます。スキャンには合計30分かかりましたが、スキャン処理はArtec Studioを用いて2時間以内に完全に完了しました。

スキャナ: 
スキャン時間: 
30分。
処理時間: 
2時間
お問い合わせ