ミス・ルーシー、別名「スクート」

生後7か月の子犬、ルーシーはスキャンの最中に疲れていました。一日の終わりの夜遅く、ルーシーはオットマンに飛び乗り、居眠りしようとしていました。これは、Leoをスキャンする完璧なチャンスでした!通常、人間が犬の周りを歩き周って、明るい光付きのおもしろそうな物体を持っていたら、犬は少なくとも頭を上げてしまうことぐらいするでしょう。しかし今晩は、ルーシーはあまりにも疲れすぎていて、その余裕さえありませんでした。彼女は頭を下げ、ただ目でスキャナを追いました。運よく、このチャンスのおかげで30秒間彼女が静止してくれたので、3Dスキャンはあらゆる側面から実行できました。この際、犬用おやつは不要でした。むしろ、そんなものを出していたら、急にあちこち動き出してしまったかもしれません。データの調整はスキャン中に数回動いてしまった耳の部分のみでした。しかし、補正ができるよう、十分なスキャンデータがキャプチャされていました。おもしろいことに、修正が必要になった色の問題の1つは、生のテクスチャ出力で反対方向を見つめている目でした。これは彼女がスキャナを見ていたために起こってしまいました。Adobe Photoshopを使用し、JPG画像にあった視線方向を5分もかけずに修正することができました。

スキャナ: 
スキャン時間: 
30秒
処理時間: 
1時間未満