トランスミッション

Evaでスキャンされた古いトランスミッションボックス。深くあいた穴が多くある難しいオブジェクトの例です。しかし、内側をスキャンして処理するのはやりがいがありました。すべてのスキャンと後処理を含む、このオブジェクトの完成モデルを作成するのに約2時間かかりました。3Dモデルには、表面、輪郭、および形の全面が含まれます。平らで薄いエッジから、円筒形、スリット、ハニカム構造など、あらゆるものがありました。リバースエンジニアリングを目的としてスキャンする場合、精度と正確性の両方が不可欠です。この総括的な3Dモデルは、元のすべての特性をきちんと再現して、あとはCAD/CAMソフトウェアにエクスポートするばかりの状態になっています。

スキャナ: 
スキャン時間: 
30 min
処理時間: 
90 min
3Dモデルをダウンロード:
STL [36.12 MB]
WRL [41.86 MB]
3DS [43.98 MB]
お問い合わせ