Artecで思い出作り

2012年 7月 9日

最近パリで開催されたデザインズデイズ展の中で、SISMOからのデザイナーグループやフランスのArtec正規代理店である3D AVENIRが本物のショーを行いました。 このプレゼンテーションの目的は、コンテンポラリーデザインにおける最新技術の可能性とその役割を示すことでした。 そして、彼らはそれを実に賢い方法で行いました-ナルシシズムという人間の弱みを上手に利用したのです。 写真や彫刻にびっくりする人はもういませんが、Artec 3Dスキャナーと3Dプリンターによりあっという間に完成した自身の顔の寸分たがわぬコピーには、誰もが心を躍らせました。 なぜこのパフォーマンスが観客にポジティブなインパクトを与えたのか。理由は完全に理解できます。 自身の顔のレリーフを施したメダルを誰もが持っているわけではありませんが、この会場を訪れた幸運な150名の観客は、現在は、このようなメダルを持っているのです。

この斬新なアイディアにより、3D AVENIR とSISMO は地元紙・レベラソン(自由新聞)によりベスト・ディスプレイ・スタンド賞を受賞しました。

誰もが意識的または無意識に自分の記念碑を残そうと頑張っています。 Artecのスキャナーは数分で私たち誰もが不滅になる機会を与えてくれます。