Google Art Projectのアート作品がArtec Evaの3Dで生き生きと

概要: Google Art Projectの自慢は、世界中の何万ものデジタル化されたアート作品です。

目的: あらゆる分野のアート作品をフルカラー、高解像度の3Dでデジタルキャプチャ。世界中の美術館に3Dモデルを共有します。

利用ツール: Artec Eva

Googleの博物館オンラインコレクションに、ARTEC Evaでスキャンした3Dモデルのアーティファクトも展示されています。

アートファンのための展示会であるGoogleのオンラインギャラリーには、世界中の500を超える博物館から集められた90,000点以上の作品のデジタル版が展示されていますが、一部の作品では、3Dでご覧いただけます。これらのアーティファクトは、ARTEC Evaを用いて制作されました。スキャナはカスタム・メイドした設定に合わせてインテグレートされ、容器や彫刻、陶器などのアーティファクトのテクスチャ情報を取り込んだ3Dモデルを高解像度で制作しました。

希少な作品を回転させ、さまざまな角度から見ることができます。

slashgear.comの記事では、「一般の人達もこれらのアーティファクトを回転したり、ズームしたりするなどして、ご利用いただけます。これにより、オンラインでもオフラインでも、これまでは可能ではなかったような方法でこれらの作品にアクセスしたり、パーソナライズすることができるようになりました」と評されました。「希少な作品を回転させ、さまざまな角度から見ることができます。これらすべては、Googleが世界中の博物館に無料で提供している3Dスキャン技術によるものです。

また、SlashGear社はイタリア・トリノのアルテ・オリエンターレ博物館で行われた3Dスキャンセッションの様子を撮影した素晴らしいビデオも公開しています。このセッションでは、Evaが使われています。このセッションの結果はこちらのギャラリーで確認できます。どうぞお楽しみください!

お問い合わせ