West Coast Customs社でArtec Evaが 「ブラックパンサー」 Lexusに爪痕

By Matthew McMillion

概要: 世界的に有名な自動車カスタム企業West Coast Customs社とMarvel Studiosが協力。レクサスLC 500を映画「ブラックパンサー」の忘れられないテーマカーに変身させました。

目的: Artec Evaを使用して、レクサス全体を1時間以内にデジタルでキャプチャし、Artec Studioでスキャンを後処理。3Dモデルを使用して次々と驚きのモッドを作成します。

利用ツール: Artec Eva

West Coast Customs 「ブラックパンサー」 レクサス

West Coast Customs がこの獣を世界に放つ前に、 ブラックパンサーレクサス はレクサスLC 500として誕生しました。しかし、それは変わろうとしていたのです。Marvelがレクサスを世界中の映画ファンを驚かせるような車に変貌させる計画について彼らにコンタクトをとった時、West Coast Customsはすぐに意気投合。Marvelのデザイナーとともに詳細を具体的に話し合いました。

共同でコンセプトスケッチをページごとに作成し、ビジョンを1つの統一されたレンダリングセットに結実。レクサスLC 500をストックモデルから仕上げた光沢のある青色に輝くブラックパンサーレクサスは、その後9か月間にわたって行われた成果であり、唯一無二のカスタム部分のすべてが細心の注意を払って実現され、微調整されました。塗りのサンプル、内装のバリエーション、ブラックパンサーのテーマ要素などはすべて、会議で個別に議論され、追加作業が行われる前前にはすべての段階ででMarvelとレクサスの両方からのゴーサイン前の確認が行われました。

プロジェクトの最初の日、修正を作成する前に、West Coast CustomsのマスターデザイナーであるMusa Tjahjonoは、レクサスLC 500の正確な3Dモデルを必要としました。彼は、画面にメスを入れて、最初の「切開」を行います。彼は、すべてがどこにあるかを正確に細かな部分まで確実に捉えたいと考えていました。

そこで彼は、持ち運び可能なハンディ型3Dスキャナ Artec Evaに目をつけました。Artec Evaは、最大0.1mmの精度で中規模から大規模のオブジェクトをすばやくキャプチャできることで世界に知られた製品です。 West Coast Customsは、これまでにも精度とリアルでエラーのない結果を必要とするような多くの高名なプロジェクトでもEvaを使用しています。

Artec Evaを紹介したのは、Artec認定代理店 Rapid Scan 3Dの3Dスキャンエキスパート。航空宇宙、医療、その他の分野で次々と3Dソリューションを実装およびサポートしてきた、長い経験のある専門家です。

Lexus LC 500の3Dモデルを作成するために、West Coast Customsのメカニックは、Artec Evaを手に取り、車の周りを歩き、スキャナーを大きく上下に動かして、さまざまな角度から外部のあらゆる面をキャプチャしました。。 「Evaが軽量で持ちやすいのは助かりました。ラップトップで確認する前に長時間使用する必要もなく、表面を非常に高速にキャプチャしてくれるので、スキャンが本当に楽しいんです」と同社の営業担当副社長、Lorenzo Strong氏は述べています。

Artec Evaで未来のブラックパンサーレクサスを3Dスキャン

1時間未満のスキャン後、スキャンはArtec Studioで処理されます。Artec Studioは、EvaおよびArtecスキャナーのファミリー全体をサポートするパワフルで確実なスキャンソフトウェアです。 Studioを使用すると、すべてのスキャンはすばやく簡単に3Dモデルに整列され登録が行われ、さまざまな形式でエクスポートできるようになります。 Lexus LC 500の場合、3Dモデルを Geomagic Design Xおよび SOLIDWORKSにエクスポートしました。そこで、彼らはデジタルな魔法を使って、レンダリングを実現しました。

Artec StudioソフトウェアでのLexus LC 500の3Dスキャン

主要なカスタム変更において、Evaは、ブラックパンサーレクサスに命を吹き込みました

フェンダーを含むより広いホイールベース、後面図

広いホイールベース、正面図

拡張されたフロントグリル

Artec Evaがどのように改造をサポートしたのかの好例をあげましょう。サイドビューミラーの爪は、最初にブラックパンサーの映画で使われた手袋を直接スキャンして作成されました。 「Evaで手袋をスキャンしたら、手袋から爪を離して3Dモデルを作成し、3Dで印刷しました・・・車に触れたのは、爪をミラーに取り付けるときでした。このステップはEvaなしでは不可能だったか、またははるかに難しく、間違いなくあまり正確に作成することはできなかったでしょう」とLorenzo Strongは語っています。

サイドビューミラーのブラックパンサーの爪

リアウィンドウ内に取り付けられた「トリプルビブラニウム」リアクターチューブのアレイ

West Coast Customsがブラックパンサーレクサスについて一般公開を行った後、このオニキスブルーの車は全国各地を旅し、ファンたちを狂喜させました。現在はテキサス州プラノにあるレクサス本社に置かれています。

West Coast Customsは最近、Artec Leoを使用してスキャンを行っています。ArtecLeoは、完全にワイヤレスで、オンボード処理と内蔵タッチスクリーンを備えた革新的なハンディ型3Dスキャナーです。真暗闇や明るい日光、またはその中間の明るさなどあらゆる場所でさまざまな表面をデジタルでキャプチャするパワーを提供するLeoは、品質検査、リバースエンジニアリング、自動車、CGI、ヘルスケア、教育、その他多くの分野で急成長を遂げています。

West Coast CustomsのBurbank 本社で出番を待つArtec Leo

West Coast Customs はこれから Leoを様々な場面で利用しようと計画しています。非常に可搬性が高いため、クライアントの場所、駐車場、またはオートショーに簡単に持ち込み、そこでスキャンを実行できるためです。 Leoの44 fpsのキャプチャレートと広い視野により、ステアリングホイールやダッシュボードからフェンダー、さらには車全体までサイズがさまざまなオブジェクトを簡単にスキャンできます。また、Leoの直感的なUIと使いやすさにより、技術者だけでなく、ショップやオフィスの誰もがスキャンできるようになりました。

お問い合わせ