3Dスキャンソルーション

Artec 3D社のウクライナへの支援内容

テクニカルリポーター

マシュー・マクミリオン(Matthew McMillion)

matthew-mcmillion

Artec 3Dのシニアエディターとして、マシュー・マクミリオンさんは最先端の3Dスキャンソリューションについての描写をしたり、それらのソリューションを日々利用することで世界を変えている優秀な人材について執筆しています。シリコンバレー出身のマシューさんがテクノロジー業界でのキャリアをスタートさせたのは1990年代初頭で、カリフォルニアを拠点とするソフトウェア会社からでした。それ以来、彼は農業から動物学までのあらゆる専門分野を取り扱う、様々なサイズの企業や組織で世界中の何千人ものパートナーやクライアント達と協力してきました。 マシューさんは、彼のキャリアの最初の10年間でソフトウェアとハードウェアの販売や事業開発、そしてトレーニングを担う基盤を築いた後に執筆と編集、そして教育の分野へと移行しました。

マシューさんは研究者であり、出版経験のある作家でありながらも、声優とクリエイティブ・ライティングの講師でもあります。

また、彼は非常に読書に熱心で、彼の本棚にある本の数はとうの昔に数えるのが不可能になったほどです。

「創造性とは、発見することよりも検索することから生まれるものです」—スティーブン・ナフマノビッチ(Stephen Nachmanovitch)

Latest articles

導入事例
Shape shifting birds

Space Spiderがいかに気候変動に対する鳥の形態変化の計測に役立ったか

オーストラリアの研究者たちが、複数の種類の鳥類を研究し、前世紀の地球温暖化に対する、その体形の変化を測定しようとしている。この研究者たちには、様々な博物館の収蔵物である、八十六種類の鳥の標本の何千ものくちばしの寸法を記録するため、素早く、正確で便利な方法が必要だった。

導入事例
Griffin Warrior

3Dスキャニングが三千五百年前のグリフィン戦士の顔の再現に貢献

シンシナティ大学の支援によって現在行われている発掘作業の一環として、名だたるイギリスの顔に関する人類学者が、古代の戦士の頭蓋骨をデジタル復元し、その戦士の実際の顔に細かい部分まで正確な復顔を行うために召集された。

ラーニング・センター
Structured light 3D scanning

構造化光3Dスキャニングの仕組みと役割

世界最先端の3Dスキャナの数種が、どんな大きさの、かつどのような複雑さを持つオブジェクトもキャプチャしていく過程を本当の意味で充分に把握するには、まず、構造化光の役割について詳しく知ることが必要です。この簡単に読める記事では上記の点に加え、CMM機器やCGIフォトグラメトリなどの他のテクノロジーよりも、構造化光を利用する方が優れている点についても学んでいただけると考えています。また、構造化光3Dスキャナを扱う際の課題となる面についても、一部ご説明します。

導入事例
Sherrill Furniture cover image

Sherrill Furniture社がArtec Leoにより独自のCGIワークフローをパワーアップ

ある企業内の九つのブランドに属する個別製作家具のうち、デジタル変換を行う予定の家具が何千にも上ったため、設計者チームにスキャンデータからCGIへの画像化のパイプラインを確立するために相応しく、かつ、百パーセント持ち運び可能の上、一回のスキャンのみで家具の大きさのオブジェクトをミリ単位以下の精度でキャプチャ可能なスキャナを探す必要性が生じた。

導入事例
3D scanning a Luxembourg Air Rescue helicopter with Artec Leo & Ray

Artec Leo及びRayを用いた、ルクセンブルグの航空救難ヘリコプターの3Dスキャニング

Artec Leoの携帯性や画面上表示、及びArtec Rayの広いスキャニング視野により、ヘリコプターはその全体を正確な形で簡単にキャプチャされ、Artec Studio上で処理された実物に近い3Dモデルが完成した。

導入事例
How Artec Eva helped retrofit an 87-year-old French hydroelectric plant

八十七年前に建設されたフランスの水力発電設備の改修にArtec Eva の技術がいかに役立ったか

ある熟練のエンジニアは、水力発電設備に使用されている二つの巨大な吸出し管の正確な寸法をキャプチャする必要に迫られたとき、その作業に最適なツールが分かっていた。それが、Artec Eva だったのである。