鉱山機械の一部

"ガラクタとは、もう過去の歴史として輝かしい時代を忘れられていた、この1台の鉱山機械のことを言うでしょう...しかしある日、ルクセンブルグ南部の鉱山の玄関口に輝く鎧の騎士が現れました。長年の勤務の後、その機械-フェルナンデと呼びましょうか-その機械のルックスがそのミューズの1つであるフェルナンデオリビエに触発されたピカソの絵に似ているので、その機械的生活の第二章の絶壁にありました。

長らく不毛の地であった鉱山が博物館に変えられることが決定され、フェルナンデは主軸に通じる入り口に隣接する屋外の囲いの中に置かれました。

数年が経ち...フェルナンデは、沢山の遠足で博物館をツアーするおしゃべりな子供たちに囲まれ、晴れた日の午後に彼女の鉄の曲線にとまる数え切れないほどの小鳥のさえずりとヤマウズラにさえも出会えました。

"その後、とある午後にある訪問者が博物館に現れ、21世紀の最も優れた発明の1つであるArtec Leoという名の3Dスキャナを使用して、鉄のフェルナンデをモデルに変えました。 

その機械のプロトタイプが100年前に20世紀の偉大な芸術家の一人によってモデルにされたのと、同じくらいスムーズに変えました。ハイパーリアリズムで働くレーザーの眼を持つLeoは、フェルナンデのバルブ、ギア、ボルトをサブミリ単位の精度で捉えるために、たった10分しか要しませんでした。フェルナンデの台座を覆う、落ち葉や苔も3Dで再構築されました。それから20分もかからずに、スキャンからノイズが取り除かれ、互いに正確に位置合わせされ、高解像度の3Dモデルに融合されたため、フェルナンデの外観が永遠に保存されました。ピカソのモデルとは異なり、鉄のフェルナンデはルクセンブルグ国立鉱山博物館で直接見ることができ、必要に応じて、フェルナンデとフェルナンデの3Dダブルを比較することもできます。

スキャナ: 
スキャン時間: 
10分
処理時間: 
20分
3Dモデルをダウンロード:
OBJ [59.53 MB]
STL [34.39 MB]
PLY [13.43 MB]
WRL [64.88 MB]
お問い合わせ