ドレインウィーゾル(排水溝の掃除棒)の接続器

この物体はなんでもないただの小さなプラスチックの塊のように見えるかもしれませんが、実はこれは実際に排水口から厄介なつまりものを撃退するためにとても便利な装置の一部です。世界中で数百万人にドレインウィーゾル(排水溝イタチ)として知られているこの流し台のヘビは、現代の配管工技術の力をあなたに与えてくれます。実際にこれは非常に良く機能するので、それに感動したある顧客は、Artec Micro高解像度デスクトップ3Dスキャナを使用して、この喜びを多くの人に広めるためにドレインウィーゾルの一部をデジタルでキャプチャすることにしました。これを実現するために、彼はこの排水溝イタチの4 cmの長さの棒の接続器の部分をMicroのスキャンプラットフォームに置き、マウスを数回クリックするだけでキャプチャが開始されました!ほんの10分の間の3回のスキャンで、その小さなオレンジ色のデバイスを鮮やかなカラー3Dで完全にキャプチャしました。 Artec Studioでの15分間の後処理により、まさにケーキにアイシングが施されるように、完璧に完了しました。

スキャナ: 
スキャン時間: 
10分間
処理時間: 
15分
3Dモデルをダウンロード:
OBJ [16.53 MB]
STL [36.22 MB]
PLY [15.24 MB]
WRL [24.18 MB]
お問い合わせ