電気コンセント

プラスチックは当たった光を反射する可能性があります。コンセントを3Dスキャンしたい人にとって、これは単純なことながら非常に役立つ情報でしょう。このコンセントは3Dスキャンの前に粉をはたいてあったので、後処理の際にまた表面の光沢部分を再構築しなくてはいけないという問題は生じませんでした。また、コンセントを3Dスキャンする作業を行うときには、次のような問題に直面する可能性もあります。どうすればすべての開口部と穴の内部に(視覚的に)入っていくことができるか?確かにいくつかの部分では、特定の角度からしかアクセスできず、一見してそれに気がつくというのは少し難しいかもしれません。隅から隅まで確実にキャプチャするために、いくつかのスキャンセッションを実行する必要がある場合があります。

スキャナ: 
スキャン時間: 
約30分
処理時間: 
約10分
3Dモデルをダウンロード:
OBJ [83.29 MB]
STL [180.57 MB]
PLY [74.92 MB]
WRL [117.77 MB]
お問い合わせ