あごひげを生やした男性

特定の市場では、高品質の頭髪のキャプチャが強く求められています。ウィッグのほか、映画のVFX(視覚効果)用のデジタルダブルやビデオゲーム、VR / ARアプリケーション用のキャラクター、またはパーソナライズされた記念品が欲しい人用に3Dプリントされたフィギュアを作成する場合は、おそらく簡単な頭のスキャンが必要になりますが、何時間にもわたって誰かに綿密なヘアモデルになってもらう必要はありません。
 
ドウェイン・ジョンソンやアナ・ウィンター並みに、思い切りはっきりとした髪型をしていない限り、頭髪には問題がつきものです。大抵の髪型は髪の束やドレッドヘア、またはカールを特徴として、多くの場合メインのフレームから外れてしまいます。そして、そういった突き出た部分は非常に薄く、文字通り髪1本の幅しかないかもしれません!ここが3Dスキャナにとって、能力の見せ所といったところでしょう。ユーザーの期待を裏切るようなパフォーマンスはできません。スキャンプロジェクトの結果は、スキャナの解像度という、重要な要素に頼ります。解像度が大きければ大きいほど、現実味のある人間の最終的な3Dモデルでより多くの詳細をキャプチャし、再構築できます。もちろん、それは本物そっくりです!そうでなければ、手間をかける価値がありますか?
 
Artecのソフトウェア開発者は、頭髪(およびその他のスキャンが困難になる表面)を考慮して、Artecの最も人気のあるボディスキャナであるEvaとLeoの解像度を驚異的な0.2 mmにまであげるために、懸命に努力しました。その結果をお披露目するために、近くにいた毛量が多めな男性をLeoでスキャンしてみました。すると、「その前髪のままじゃあ、夜のお出かけはやめたほうがいいよ!」とそのスキャンと処理セッション中に繰り返し言われていました。ボックススタイルのあごひげに、コームオーバーとスキンフェードの髪型は、サブミリレベルの精度の無数のポリゴンで忠実に再現され、無料で.stl形式の人間の3Dモデルファイルに書き込まれ、コンピューターグラフィックに使用される準備が万端でした。
 
しかし、この話の中で魅力的な部分は頭髪だけではありません。実はおまけに、一連のテストでは解像度が低いと肌が荒れているように見えるのに、解像度が高くなれば肌が洗練され、健康的で、しかも若く見えることが明らかになりました。このように、EvaとLeoの3Dスキャナで利用できるようになったHD再構成モードを今すぐ試すべき理由はたくさんあります!

スキャナ: 
スキャン時間: 
1 minute
HD再構築時間: 
2 minutes
処理時間: 
8 minutes
3Dモデルをダウンロード:
OBJ [26.86 MB]
STL [55.55 MB]
PLY [22.54 MB]
WRL [37.21 MB]