動くものは何であれ、形状が変わるので、スキャンしにくいオブジェクトです。モデルには指に力を入れたままにしてもらいました。これにより、動きが少ない状態が保ちやすくなります。しかし、手の端部分をキャプチャする際は、追跡が失われやすいため、手はスキャンするのに難しいオブジェクトになりえます。そこで、このプロジェクトのために特別の小道具を作りました。つまり、段ボールシートに穴を開け、そこから手首まで手を通してもらいました。これにより、背景を作ることができ、追跡状態を保ちやすくし、端部分の簡単にスキャンすることができました。

スキャナ: 
スキャン時間: 
5分
処理時間: 
10~15分
3Dモデルをダウンロード:
PLY [6.04 MB]
WRL [10.26 MB]
お問い合わせ