オバマ大統領が3Dに

04/12/2014

米ホワイトハウスがレポートするとおり、ARTEC Evaを用いてオバマ大統領を3Dスキャンし、史上初の大統領の3D肖像画を作成しました。3D肖像画がどのように作成されたかを映した詳細な舞台裏のビデオが作られ、ホワイトハウスがこれを公開しています。

150年以上も前に作成されたリンカーン大統領のライフマスクに影響を受けたプロジェクトチームは、市場で最高の技術を用いて、現職の米大統領をキャプチャすることにしました。「次世代3D肖像画:オバマ大統領のデジタルライフマスク」というタイトルのビジョン文書に始まった準備段階には2年間かかりましたが、オバマ大統領が部屋に入ってきてから、史上初の3D肖像画となるデータをキャプチャするまでにかかったのは7分ちょっとでした。

大統領の頭部の高解像度3Dスキャンを撮るために、ARTEC Evaが使用されました。大統領には、2名のデジタルプロフェッショナルがEvaスキャナを持って大統領の周りをぐるりと一周する間の90秒間じっとしているようお願いしました。部屋の中にいる人たちは、スキャナと接続されているノートパソコンに画像が現れてくるのを確認することができました。

その72時間後、チームがオバマ大統領の胸像とライフマスクを作るためのプリント可能なデジタル1500万の三角形データで構成されたマスタファイルと、デジタルビューできる写真のような3Dモデルを納品しました。史上初の3D胸像は、プリントから冷却までに66時間かかりました。

この胸像は、12月2日から12月31日まで、スミソニアン城のコモンズギャラリーで一般展示されています。

詳細と、このプロジェクトの裏話はホワイトハウスのウェブサイトでご確認ください。

ARTECグループの社長兼CEOであるアルティオム・ユーキンはこの3D肖像画について次のようにコメントしています。

「オバマ大統領の3Dスキャンに当社のスキャナを使用していただいたことを光栄に感じています。当社の技術により、3Dスキャンはこれまでになく簡単かつアクセスしやすいものとなっています。実際、今日、当社のハンドヘルドスキャナや全身スキャナ ARTEC Shapifyブースを使って、米大統領だけでなく、誰でも3Dの肖像画を作成することができます。」

ご質問