あの100年前のハーレーダビッドソン車に世界中の人々が今大注目

26/05/2021

Loretta Marie Perera

私達が今年の初めに公開させていただいた、なんとも規格外なお話で、とある男性が自分の古いバイクを再び車道に走らせるため、破損してしまった現在入手不可能なパーツを半世紀かけてやっと交換した、というものがありました。そのお話では、1919年製のハーレーダビッドソン車を再び乗車可能にするために、Artec Space Spiderを利用して、シンプルだけれども重要なスキャンを得る必要がありました。そのスキャンとは、バイクの破損したパーツを高解像度で全てのディテールを捉え、処理を施せるものでなければなりませんでした。そのスキャンを基に3Dモデル形式のデータを得た後、そのモデルは3Dプリントされ、問題のパーツの交換に使用されました。今回提供されたこのソリューションは、一見簡単そうに聞こえるかもしれませんが、実は一昔前では不可能なタスクでした。

しかしそのタスクは、いとも簡単に完了しました。このおかげで、100年前のハーレーが再び車道に戻ってこれたというわけです。

この物語はオランダを舞台としていて、そのバイクは現在オランダの車道を走り回っていますが、このニュースは世界中を駆け巡りました。

なんと、オンラインマガジンのQuality Digestまでもが、この素晴らしいバイクについて特集し、いかに最新技術が古いバイクを蘇らせたのか、その壮大な物語を紹介していたので、私達はこの状況にとても興奮しているところです。

このストーリーは、なにも英語だけで世界に広まったわけではありません。

AutoCADというこのドイツ語のウェブサイトでは、この特別なプロジェクトについてすべて掲載しています。 よろしければ、こちらからご覧いただけます。

カナダでは、Moto Journal がフランス語でこの50年かけた探求の末に起きた究極の結末について記述しています。同様に、3DNativesもフランス語と英語の両方で記載していました。

そんな中、私達はこちらのビデオが特に素晴らしいと感じました。このビデオでは、バイク自体の観点からストーリーが構成されており、欠陥していたパーツを見つけるための長い旅が語られています。

このストーリーでは、現在入手不可能なパーツでも、私達はそれをまた再現できるんだというメッセージが込められています。これは、3Dスキャンとそのソリューションが提供できるものの中で、最も素晴らしいものの一つに違いありません。