フォーブスやMSNは、世界の食料提供を支援するのに3Dスキャンと表現型の組み合わせがどう役立つかについて報告しています

08/07/2021

著:カンヤンタ・ムバンガ(Kanyanta Mubanga)

最近のニュースは、まるで世界で今起こっている全ての悪い事柄をフィーチャーしたカタログのようです。こんなご時世なので、たまに前向きな話を聞くことは新鮮に感じられるはずです。しかもその話は、3D技術が大活躍することと関連していたらどうでしょう?それはもう、大興奮になること間違いなしです。

今私たちを期待させているニュースは、実は「ペレニアルライグラス」もしくは「ホソムギ」と呼ばれる農作物についてです。それは、家畜に与えられるイネ科の草の一種です。ホソムギに関連する話なら、いくらなんでも「大興奮」という上記の表現の仕方には無理があるのでは?と、きっとお思いでしょう。しかし、ホソムギの収穫量の改善は、農家やブリーダーの方々が提供する生産量に大きな影響を与えるでしょう。これは世界が今必要としていることであると私達誰もが理解しています。

ペレニアルライグラスは家畜の餌として需要がありますが、地域によっては初期の種子の粉砕により、この作物の収量の20%が失われてしまいます。

私達以外の媒体でもこの話が熱烈にシェアされていたので、やはりこの見解を持っていたのは私達だけではなかったようです。

フォーブスは私たちと同じようにこの見解から刺激を受け、彼らの 特集には国際宇宙ステーションのために開発された3Dスキャン技術は、地球上の人々に食料を提供するのに役立つ可能性があると記載していました。MSNは、彼らが公開した評価の中でさらに楽観的な見解を示し 、古代の表現型のスキルと3Dスキャンを組み合わせることで、世界飢餓を終わらせることができるはずだと宣言していました。

私達は世界飢餓をきちんと乗り越えられるように聞こえますよね?ちなみに、表現型というのが実際に一体何であるかご存じでない方のために簡単にご説明いたしますと、表現型というのは最も望ましい特性を持つ作物を特定することによって作物収量を改善するということを表す、非常に特定的な用語です。

Artec 3Dスキャナを使用すると、農家は最も望ましい特性を持つ作物をより簡単に識別できるため、収穫量を向上させることができます。

とはいえ、言うのは簡単です。例えばこの場合、ホソムギの頭の部分は、以前は手作業で測定することで、最良の作物を特定する必要がありました。しかし、米国宇宙軍の少佐であるトラヴィス・タブス(Travis Tubbs)氏は、Artec Space Spiderがこのタスクを大幅に簡素化したことを発見しました。この高解像度3Dスキャナのおかげで、彼はホソムギの稲穂を正確にキャプチャし、特定の作物が失っていた種子の数を実際に数えることができました。詳細はこちらからお読みいただけます。

というわけで、今回はこんなに前向きで、心が温まり、気分を明るくさせてくれるストーリーでした。これらの野心的な予測の実現はまだ見られていませんが、この可能性を検討し、進展が見られることは励みになることは確かです。その実現を、私達はずっと応援していきます。

MSNのこの記事はドイツ語でも以下の3つのサイトにて特集されています:weltderwunder.de| Focus.de| msn.com