赤ちゃんの頭部をスキャンし、装具のヘルメットを製作

2015年 3月 7日

頭蓋奇形乳幼児の症例は1996年には幼児300人中1人だったのに対し、2006年には同30人に1人と急速に増加し、人類を脅かしています。

この症状はカスタムメイドの矯正ヘルメットを使って治療されます。このようなヘルメットを作るには、幼児の頭部の3Dスキャンを撮る必要があります。

幼児の頭部はどうしようもなく動いてしまうため、スキャンを撮るのは困難なようにも思えるため、赤ちゃんが寝ている間にスキャンを撮ろうと考えるユーザーもいます。

幸いなことに、皆さんが考える以上に頭部をスキャンすることは簡単です。自由気ままに頭を動かす人の頭部をスキャンすることによりこれを証明しましょう。

頭部のスキャンでまず大切なことは、顔からスキャンを開始するということです。スキャンは一気に撮ってしまいましょう。表情が変わると相反する登録アルゴリズムをもたらす可能性があります。

2番目に重要なのは、常に肩か背中をフィールドビューに入れることです。3番目に重要なのは、頭頂部のスキャンを忘れないことです。

スキャン結果は一見混沌として見えます。被写体となる人が頭をあちこち動かしている場合は、特にそうです。でも、ご心配なく。Artec Studioで[Fine Serial Registration(ファインシリアル登録)]アルゴリズムを[Geometry only(ジオメトリーのみ)]に設定します。

後は、2Dのイレーサーブラシを使って、スキャンデータから肩と背中を消していくだけです。頭部のどこにも印を残さないように慎重に作業を行います。

[Fine and Global Registration(ファイン&グローバル登録]が頭部の形状を再構築します。[Fusion(融合)]機能を使ってモデルを完成します。

どんなに動いても、頭部の形状は変わりませんよね。ですから、肩や背中のデータを消してしまえば、簡単に再構築できるのです。よりスピーディに、より簡単にスキャンを行うために、[Texture Tracking(テクスチャトラッキング)]機能を使ってください。

医療用アプリケーションでの3Dスキャニングの使用についてはこちらもご覧ください。