近年の技術をモスクワに集結させるCGイベントは、ロシアのコンピューター関係者の間で有名なイベントです。アーテックは、このイベントで3Dスキャンテクノロジーを紹介しました。今年のイベントでは、コンピューターグラフィックスとアニメーション分野での目覚ましい発展がとりあげられました。

CGイベントには多くの会社が参加し、Autodesc、 Pixar、 Adobe そして Intelも参加しました。訪れた人は業界のトレンドをチェックしたり、様々なワークショップに参加したり、展示を眺めたりしていました。

イベントでは、コンピューターグラフィックス及びアニメーション分野におけるテクノロジーの進歩を実際に体験することができます。自分自身が3Dになるなんて、おもしろいですよね?

アーテックのブースを訪れた人々は、手軽で簡単な3Dスキャナをチェックしていました。また、スキャナの実演によって自身が3D化する体験も出来ました。

MHTは素早く簡単にスキャンできるので、多くの訪問者のスキャンデータを撮ることができました。スキャナレンズの前でほんの一瞬静止するだけでスキャンは完了です。スキャンと同時進行でパソコンの画面で3Dモデルを確認できます。顔は10秒でスキャンできます。その後のデータ処理はArtec Studioを使って1分で仕上がります。MHTスキャナはテクスチャ(色情報)を取得できます。訪問者達は色付きの3Dモデルに驚いていました。

たくさんの方々がアーテックのブースを訪問して下さったので、最終日には素敵な顔スキャンコレクションが出来上がりました。笑顔や真面目な顔、しかめっ面や好奇心たっぷりの顔。

Artec MHTスキャナのおかげで、不可能を可能に変えること出来ました。

お問い合わせ