ドイツ・オルデンブルクで開催される3D Daysで、Artec 3Dスキャナを手にとってご覧ください

ドイツ・オルデンブルクで開催される第18回3D Daysには、3D業界の第一線で活躍するプロフェッショナル、カスタマー、メーカーが集結します。2月6日、7日の両日、Institute of applied Photogrammetry and Geoinformaticsは、最新の研究結果、光学3D測定技術の用途、3D市場の発展について、50以上のレクチャーを行います。また、このイベントはネットワーキングにも力を注いでおり、あらゆる業界の人々と連絡先を交換したり、出会ったりするのが簡単になっています。産業の第一線で活躍するスペシャリストが3Dに関する知識を共有します。また、LeoやRayなど、Artec 3Dの最先端3Dスキャナを間近にご覧いただけます。Artecのドイツのゴールド認定パートナーKLIBが、Artecの3Dスキャナ全機種の実演を行い、これらを使って、御社にどのように貢献できるかについてご説明します。

Artec Rayは飛行機や建物、工場内などの大型オブジェクトを簡単にキャプチャできます。このプロ仕様3Dスキャナは、リバースエンジニアリングや品質管理など、サブミリの精度が必要なユーザーに選ばれています。Rayは、日中で外が明るくても問題なく使用でき、テクスチャもキャプチャします。オブジェクトから最長110m離れた場所から、360度スキャンできます。

また、Artec 3Dの新製品で、業界で最先端技術を駆使したArtec Leo 3Dハンドヘルドスキャナも展示します。高い技術と便利な機能満載のLeoは、3Dスキャンの新たな基準を設定しました。このスキャナには、タッチスクリーンやバッテリーが搭載されており、パソコンを接続することなく、自由にスキャンできます。クアッドコアプロセッサを内蔵し、最新ソフトウェアをインストールしたこのスキャナでは、オブジェクトをリアルタイムでスキャンを用いてレンダリングできるため、スキャンプロセスがこれまでよりずっと簡単になりました。Leoの最先端コンセプトにより、買ってすぐに使用できるため、トレーニングにかかる時間を大幅に短縮しました。購入したArtec Leoを箱から出したら、初心者でも完璧に正確な3Dモデルを作成することができます。

KLIBは、ヘルスケアからアートまで、実に多目的に使えるオールマイティなArtec Evaの実演も行います。小型から中型オブジェクトのスキャンに最適なEvaは、考古学の調査からデザインプロジェクトなど、数多な企業の業務支援で大活躍しています。精度、軽量、使いやすさを兼ね備えたEvaは、多くのユーザーに選ばれているプロフェッショナルソリューションです。

また、Space Spiderの実演も行います。この3Dスキャナは、極めて複雑な形状を持つ小型オブジェクトでも正確にキャプチャできるように設計されています。Space Spiderは手術でも使用できる卓越した精度で、手に入りにくい部品のリバースエンジニアリング、プロトタイピング、カタログ作成に最適です。この3Dスキャナは高解像度のテクスチャカメラを搭載しており、驚くほど正確な3Dモデルを実現します。Eva同様、Space Spiderもバッテリーパックを装着し、電源のない場所で何時間でも連続スキャンすることができます。

Oldenburg 3D Daysでお会いできるのを楽しみにしています!

開催日:2019年2月6、7日

会場:Jade Hochschule, Ofener Straße, 16/19 26121, Oldenburg(ドイツ・オルデンブルク)

お問い合わせ