自動車シートの品質管理

概要: 韓国の自動車メーカー・ヒュンダイ社がデザインと修正のためにカーシートの正確でリアルな3Dモデルを設計する際、ハンディ型3Dスキャナが最適であることがわかりました。

目的: 様々な角度から複数の車の座席を3Dでカラー・スキャンするために、2つの異なるハンディ型ストラクチャーライト・スキャナを使用し、その後、地域や機関を超えたデザイナーやエンジニアたちが正確な3Dモデルを使えるように、正確な3Dモデルを作成。

利用ツール: Artec L, Artec MH, Artec Studio

ヒュンダイ自動車は、自動車シートのスキャンの知覚品質にARTECスキャナを使いました。

自動車シートの3D モデルを作成するために、ARTEC Lスキャナが使用されました。自動車シートは、通常、ジオメトリをキャプチャするために異なる角度からスキャンされます、シートの細かく複雑な部分にはARTEC MHT スキャンを使用します。その後、キャプチャしたすべてのデータを統合して、自動車シートの極めて正確な3D モデルを完成します。

これらの機種はいずれも持ち運びが簡単で使いやすく、したがって、撮影のために別の場所に持っていくことができます。

こうして完成したものは、スキャンした対象物が正確に測定されているため、その後行われる評価でも非常に信頼できるものとなっています。完成した自動車シートの3D モデルは測定後、快適性や人間工学等の品質要件を満たすためにプロトタイプと比較され、基準を満たすまで形状と輪郭を調整していきます。  

Artecのプロフェッショナル3Dスキャン・テクノロジーを品質管理にどのように利用するのか、詳しくお知りになりたいですか? こちらのケーススタディから、当社の革新的な3Dスキャンソリューションが品質管理の全てのニーズにどのようにお役にたつかをご覧ください。また、工業設計と3Dモデル製造 のギャラリーから、お客様の品質管理に最適な例を実際に御覧ください。

 お住いの地域の販売代理店に連絡するか、メインページのライブデモ・リクエストフォームにご記入いただければ、3Dスキャナとソフトウェアのデモのリクエストも可能です。

お問い合わせ