過去からの旋風: フォルクスワーゲンのクラッシックバスを3Dスキャン

要約: あるクライアントがフォルクスワーゲンのクラッシックバスのためにいくつかの部品をスキャンする必要がありました。しかしバスが登場すると、Artecチームはバス全体をスキャンすることに決めました。

目的: Artec Evaを使用して、この素晴らしい自動車の全てのディテールと面を1日でキャプチャ。3Dモデルを作成します。

利用ツール: Artec Eva

れは ARTECの社内業務の一部として始まりました。私たちは、クライアントから車の一部をスキャンするよう依頼されました。ミニバンを見てすっかり気に入ってしまった私たちは、ミニバン全体をスキャンすることに決めました。当社のスニャニング・エキスパート、アレクセイが一日がかりでスキャンを完了しました。

車体のスキャン

車の側面(本体)をスキャンすることは簡単でした。 ARTEC Studioの質感トラッキング機能を使うことで、問題無く、素早くスキャンすることができました。

底面のスキャン

車の底面のスキャンも簡単でした。底面にはでこぼこしていたので、ソフトウェアはリアルタイムでフレームを互いに配列させる方法を簡単に特定しました。スキャナがスキャン中に配列を失うことはありませんでした。車を空中に浮かべることができたら(私たちは特別のリフトを使用しました)、あらゆる車の底面のスキャンは簡単で素早いものになるでしょう。

ルーフと窓のスキャン

最初、これは難しい作業でした。窓は透き通っているので、ソフトウェアに、実際は固い表面があることを認識させるのが難しかったのです。そこで、窓に白いスプレーをしてスキャンすることにしました。

ルーフをスキャンするのも楽ではありませんでした。平らで(無ジオメトリ)、均等にパインとが塗布されていた(無質感)からです。この様な表面特徴により、ソフトウェアが、スキャナが動いているにもかかわらず、一箇所に止まっていると勘違いしてしまうことも幾度かありました。この様な表面を取るコツは、スコッチテープを小さく切り、ルーフいっぱいにあちこち( 20~30cm間隔)に貼っていくことです。テープは後処理プロセスの中で切り取 ることができます。この様にすることで、ソフトウェアはビューフィールド内にある程度の「でこぼこ」を認識し、スキャナがこの立体のどこにいるかを認識することができるのです。

その他ファクタ

  • スキャン後には、たくさんのデータを集積していました。それはもう、本当に、たくさん!私たちは、オフィスの中で最も強力なコンピュータを使用することにしました。後処理プロセスを迅速に行うため、40GM (!)ものメモリ容量を持っています。通常、私たちは10GBのコンピュータで作業しています。
  • その日は曇っていました。もし晴れていたら、今度は明るすぎるという問題が出ていたかもしれません。
  • ARTECのバッテリーは丸一日もちました。一度も充電しなおす必要はありませんでした。
  • タイヤが車体に付いたままスキャンすることは無理だと分かったので、私たちは、各タイヤを外し、これを別々にスキャンしました。
お問い合わせ