歌手がEurovision 2015に勝つために入札する 2015 Artec Eva で3Dスキャンを取得

概要: ロシアの3Dスキャナ企業が、 Eurovisionシンギング・コンテストに出場する10人以上の出場者を3Dスキャンしました。

目的: 各出場者はお気に入りの人形を着てほんの数分立っているだけ。ハンディ型3Dスキャナで色もまるごとスキャンし、そのスキャンモデルからミニドールをプリントアウトしました。

利用ツール: Artec Eva、Artec Studio

ARTECのパートナー企業である「BeIn3D社」はEurovision 2015展の参加者のスキャンを撮り、シェーピーをプリントしました。

Eurovision 2015展のメディアファンは、イベントのクライマックスが近づくにつれ、熱気が高まってきました。ARTECのパートナー企業で、モスクワに本拠地を構える BeIn3D社がEurovisionのスターとそのファンのために素晴らしい記念品を作成しました。

BeIn3D社のチームはイギリスやロシアを始めとする10カ国以上から集まったEurovision展のコンテストの各出場者をスキャンし、3Dプリントしたフィギュリンをプレゼントしました。ロシア人の出場者、ポリーナ・ガバリーナは、コンテスト開催前に開かれた記者会見で、最初にこの自身のミニチュア版であるフィギュリンを他の出場者に先駆けて手にしました。写真は、この特別で、パーソナライズされた記念品と一緒に映るガバリーナさんです。

BeIn3D社からのプレゼント。

お問い合わせ