軍事博物館からのハイパーリアルな3Dデジタルモデルの作成

概要: 軍事博物館は、所蔵物を3Dスキャンし、展示と3Dプリントに利用可能な3Dモデルを作り、遠隔の人にもそのコレクションをオープンにしたいと考えていました。

目的: 軽量のハンディ型スキャナで博物館の所蔵品を高詳細な3Dカラーでスキャン。そうすれば博物館の展示品や在庫の入れ替えをする必要がなくなります。スキャンモデルをリアルでダウンロード可能な3Dモデルに変換します。

利用ツール: Artec Eva、Artec Studio

ブルガリア国立軍事史博物館、Threeding.com、ARTEC 3D、Vesk Consultは協力して、3Dで軍事史を紐解きました。

ソフィア&パロ・アルト。2015年2月16日 - 東ヨーロッパ最大規模を誇る軍事史博物であるブルガリア国立軍事史博物館(ブルガリア・ソフィア)と、急成長を遂げている3Dプリント市場Threeding.comは協力して軍事アーティファクトを3Dスキャンするための契約を締結したことを発表しました。

本契約に基づき、Threeding.comは博物館の展示品を3Dスキャンし、スキャンデータを3Dプリントしやすいフォーマットに加工したモデルをそのポータルで提供します。すべての3Dモデルは博物館のウェブサイト(www.militarymuseum.bg)で無料閲覧いただけます。パイロットプロジェクトは、100週年を迎えた第一次世界大戦です。

本プロジェクトではVesk Consultが調整を行い、プロ仕様の3Dスキャナのデベロッパー兼メーカーであり、本プロジェクトでは、ハードウェア、ソフトウェア、そしてノウハウを提供するARTEC 3Dも協力します。

国立軍事史博物館は3Dモデル販売による利益に対してロイヤリティを受け取り、科学や教育上の目的で使用する場合は無料ですべての展示物のスキャンデータを提供します。

また、Threedingは軍事史博物館と協力し、今後数ヶ月の間に博物館のウェブサイトに3Dギャラリーを構築し、ユーザーが展示物を3Dの状態でオンライン閲覧できる機会を提供する予定です。

Threedingとブルガリアのヴァルナとペルニクにある地域歴史博物館がタッグを組んだパートナーシップにより、Treedingは軍事アーティファクトという他では手に入れることのできないコレクションをその3Dプリント可能モデル取扱製品群に加えました。現在、博物館の所蔵品のうち、古代ギリシャやローマ時代に端を発する古代彫刻、レリーフ、遺跡の一部や、中性の武器、アイコンや工具などを始めとする150点を超えるモデルが制作されており、Threeding.comにて3Dプリントしやすいフォーマットで提供されています。提供モデル第一弾として、第一次世界大戦の各種武器や、軍装備品、兵士による芸術作品などがウェブサイトから入手できます。

「国立軍事史博物館は、イノベーションに対して積極的で、ヨーロッパ史に精通しているお客様が学生、勤労者であるにかかわらず、この博物館の新たな取り組みを楽しみにしてくださっていると感じます。」こう話すのは、国立軍事史博物館のディレクターであるソニア・ペンコヴァ博士です。「仮想博物館を作りたいという熱意と、戦争により払った犠牲、戦下の人々、社会的影響を見つめ、ブルガリアとバルカン諸国にとって全くこれまでにない方法で第一次世界大戦の100週年を迎えたいという希望が結実しました。私どもの努力がこの目的を果たすことを願ってやみません。」

ブルガリア国立軍事史博物館について

国立軍事史博物館はブルガリア国防省が監督する公立博物館です。1916年に設立された同博物館は、ヨーロッパ最大規模を誇り、最も近代的な軍事史博物館の1つです。同館では、ブルガリアやヨーロッパの軍事史と関連した100万点以上のアーティファクトを所蔵しています。

http://www.militarymuseum.bg/

Threeding について

Threedingは、3Dプリント可能なモデルを共有したり、売買するためのオンライン・コミュニティです。Treedingは、ティゼーヴェタ=マリア・パータレヴァとスタン・パータレヴが中心となって、ブルガリア国立アカデミーの生徒たちにより2013年に設立されました。Threedingは歴史的なアーティファクトの3Dプリント可能モデルを取り扱う唯一の3Dプリント市場です。

https://threeding.com/

Vesk Consultについて

2007年に設立されたVesk Consultは研究開発向けコンサルティング会社で、これまでに先史時代や中世時代の文化遺産のスキャン、復元、保全を始めとする数多くの重要かつ画期的なプロジェクトを成功に導いてきました。

ARTEC 3Dについて

ARTEC 3Dは、3Dスキャンハードウェアおよびソフトウェアの大手デベロッパー兼メーカーです。極めて高速かつ効率的なARTEC 3Dのスキャナは、世界中の何万人もの人々によって使用されます。2013年、ARTECは自動の3D全身スキャンシステムである「Shapifyブース」を発表し、世界中の多くの人々が簡単かつ手頃に3Dポートレイト(シェーピー)を入手することが出来るようにしました。ARTECの使命は3D革命を起こし、誰でもどこでも3D技術にアクセスできるようにすることです。

http://www.artec3d.com/

お問い合わせ