Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.

3Dスキャンソルーション

Artec 3D社のウクライナへの支援内容

Artec EvaとArtec Space Spiderは乳がんを経験した女性達に自信を取り戻させる支援をします

課題:とある義肢の専門家は乳房切除を行ったがん患者向けに、持続性が高く軽量で、快適なカスタムフィットを提供する肌の上にはりつける人工乳房を作成する方法を必要としていました。

ソリューション:Artec Eva、Artec Space Spider、Artec Studio

結果:女性達は3Dテクノロジーを使用して設計された人工乳房を得ることができました。それは快適さとバランス、そして自信を提供してくれるようにデザインされました。

乳房切除後の乳房再建は、しばしばさらに別の手術をしなければいけないことを意味するため、現在ますます多くの女性が人工乳房に注目しています。

がんと共に生きて、手術後にそれを乗り越えて生きる

2020年の終わりまでに、過去5年間で780万人の女性が乳がんと診断されてきたおかげで、乳がんは世界で最も蔓延しているがんになりました。この病気は、世界中の全ての国のあらゆる年齢の女性を襲います。しかし喪失と苦痛の中で、生存と勇気、そしてインスピレーションの物語もあります。患者はこの病気と診断され、それと戦うことだけでもトラウマを十分に受けますが、手術後に新しいバージョンの自分の体と生きていかなければならないという、また別の心配ごともできてしまいます。

乳がん患者に片方または両方の乳房切除術を行えば、がんを摘出することに対して肯定的な結果が得られる可能性が最も高くなります。しかしそれに伴う感情的な痛みの犠牲は決して軽視できません。多くの女性はがんによって片方または両方の乳房を失うことで絶望感が生まれたり、体が不完全な状態であると感じたり、社会で生活していく上で不便なことができたり、自信を失くしたり、女性としての魅力を失ったように感じます。

最近では乳房切除後に再建手術を受けるのではなく、人工乳房を着用することを選択する女性が増えています。これは、手術前に人工乳房の作成をしておく必要があることを意味します。不快で、だんだん劣化したり単に機能不全の人工乳房を使用することは、踏んだり蹴ったりというものです。

医療の飛躍的進歩の前兆

このパンデミックのロックダウン中に、とあるフランスの義肢装具士は彼の生涯にわたる野心を実現しました。彼は、前述した女性達のニーズと懸念に完全に対処できる、パーソナライズされた人工乳房を作成したのです。フランスでは毎年2万人の女性がそれらを必要としており、そして彼女らが持つ選択肢は、2つのサイズと2つの肌の色のオプションに限られています– そのどちらも、肌の色が黒や茶色の女性には対応していません。ジュリアン・モンテネロ(Julien Montenero)氏は常に人々にヘルスケア業界を見直させるという使命を持ってきました。それ故に、彼はそういった女性達を助けるための革新的で効率的な方法を探し始めました。モンテネロ氏が最初に乳房切除後の患者を助けようと思ったのは17 数年前ですが、3Dテクノロジーがそれに対してベストなソリューションであるということは、去年気が付いたばかりでした。

乳房切除後の患者を助けることを夢見始めてから17年後、やっとジュリアン・モンテネロ氏はそのソリューションを見つけました:それは、3Dテクノロジーです

モンテネロ氏のキャリアが始まったのは、2004年に彼が歯科用義肢装具士としてパリにやってきて、Atelier J’mという体に物理的な再建が必要な人々を支援する実験室を設立したときでした。その翌年、モンテネロ氏は様々な経緯を持つ患者と働いてきました。事故の後遺症を持つ人やテロ攻撃や戦争の被害を受けた人、ガン宣告をされた人や先天的に体に再建が必要な人などがいました。彼のようにすさまじく独立したその精神と支援への強い決意を持ち合わせていれば、 モンテネロ氏が国際的な人道的NGOである「国境なき医師団」(Médecins Sans Frontières)に関わっていても不思議ではありません。この団体は、紛争の影響を受けた地域で医療を提供する集まりです。この国境なき医師団とのプロジェクトの一環として、モンテネロ氏はヨルダンに行き、顎顔面補綴物の作成を支援しました。

特注の革新的な補綴物のための3Dスキャンを発見する

明確なビジョンを持った人ならみなそうであるように、この義肢装具士は彼の仕事に活用できるかもしれない最新技術のニュースにはいつも敏感でいました。そのおかげで、ある日Artec 3Dスキャナを使用したエジプトの考古学プロジェクトに関するテレビレポートが放映されたとき、それはすぐに彼の興味をかき立てました。モンテネロ氏はそのテクノロジーの精度に興奮し、それを試すのが待ちきれませんでした。彼が3Dスキャナを借りていくつかの実験プロジェクトを行うと、彼は医療関係のアプリケーションに3Dスキャンを使用した最初の専門家の1人になりました。モンテネロ氏は、このテクノロジーだけが提供できる完全な自由と高品質に投資する準備ができていると思い、Artec 3Dのゴールド認定パートナーであるBorealに連絡をとりました。この会社は、彼にArtec EvaとArtec Space Spiderを紹介した専門家が働くところです。これらのハンドヘルド3Dスキャナは軽量でカスタムフィットの補綴物を作成するための待望のソリューションとなりました。

BorealのセールステクニシャンであるFlorian Goussu(フロリアン・グース)氏は、次のように説明しています。「再建手術に3Dテクノロジーを使用することで、上皮の専門家はArtec 3Dスキャナなどのさまざまなデジタルツールを使用して、手足や臓器をすばやく効率的に複製できるようになりました。これらの手術は、患者に周囲の世界と向き合う勇気と力を与えるのです」

患者の個々の解剖学的構造を完全に把握したオーダーメイドの補綴物を作成することは、3Dテクノロジーではるかに効率的になりました

これら2つのスキャナはそれぞれ、今日のヘルスケア業界でかけがえのないものになったことがすでに証明されています。Artec EvaとArtec Space Spiderが登場して以来、患者の個々の解剖学的構造を完全に把握してカスタマイズされた補綴物を作成することははるかに速く、そしてプロフェッショナルな作業になりました。3Dスキャンおよび処理用ソフトウェアのArtec Studioは、スキャン時に患者が起こしてしまうかもしれない小さな動きを簡単に補い、3Dデータを優れた解剖学的3Dモデルに変換するのに役立ちます。

現在、ますます多くの医療会社が補綴物の3Dスキャンに大きな期待を寄せています。医学における次なる革命と見なされている3Dデバイスは、恵まれない家族や紛争に苦しんでいる人々、またはモンテネロ氏の患者の場合はがんの生存者に向けて、次世代の処方と技術をもたらします。そのようなデバイスの1つに、業界標準となっているポータブルスキャナで、構造化光スキャン技術に基づくArtec Evaがあります。 このスキャナは車体部品をキャプチャするために世界中で広く使用されており、驚異的に正確なテクスチャつきのスキャンを作成するのに役立ちます。人体をスキャンする必要があるときはいつでも、軽く安全で、HDモードが最近新しく搭載されたEvaほど最適な製品はありません。

医療専門家らが精巧な詳細をレンダリングする必要がある場合には、 Artec Space Spiderがしばしば使用されます。この3Dスキャナは、複雑なジオメトリの小型オブジェクトをスキャンするときに高精度の結果を生成します。Space Spiderは、手術のシナリオを予測するためにも使用され、人為的ミスが許されない状況ですべてがスムーズに進むように確認する支援をします。

「最初から、私達は新しいプロセスと、最先端技術による革新的なツールを探していました」とモンテネロ氏は彼のウェブサイトでそのように説明しました。「私達は、患者さんの快適さと幸福のために持続可能な技術を開発しています」

現在進行中のプロジェクトを段階的に

Artecスキャナを使用したモンテネロ氏の通常のワークフローでは、乳房切除術の前に乳房をスキャンし、3Dスキャンデータを処理して3Dモデルを準備し、その鋳型を3Dプリントする作業を含みます。その鋳型から、特殊な医療用シリコーンを使用してプロトタイプが作成されます(従来のシリコーンゲルとは異なり、 このメディカルグレードの製品は人間の肌に対して柔軟で有機的な着け心地がします)。乳房切除の手術後に、切除しなかった方の乳房と均等になるように、乳頭(または必要があればしみ、そばかすやあざ)を含む最終的な補綴物が設計されるのを待っている間、患者はこのプロトタイプを使用することができます。

Artecスキャナを使用すると、モンテネロ氏は乳房をスキャンするのに8秒もかからないうので、ストレスや不快感を引き起こすことはありません

「目標は、不快感や不均衡を避けるために、もう片方の乳房と同じ密度にさせることです。Artec 3Dスキャナのおかげで、技術的なアプローチをすることが可能になりました。しかし、やはりこの件で最も重要となるのは実は人間の部分なのです」とモンテネロ氏は説明します。

人工乳房を作成する従来のプロセスでは、型を取ってそのペーストまたは化合物が硬化するのを待つために、患者は少なくとも8分間は全く動けませんでした。ほとんどの患者はこれを非常に長い手順であると感じ、多くのストレスと不快感を引き起こしていました。しかしArtecスキャナを使用すると、モンテネロ氏はそれを8秒未満で完了させることができます。

よってモンテネロ氏は患者と一緒に今まで厄介だったことのすべてをスキップすることができるのです。彼自身は医者ではありませんが、それでも、手配から治癒までのすべての段階で女性と直接向き合い、トラウマになりかねない体験のストレスを和らげます。

人工乳房の役割の変化

その方法から得られる最終結果は圧倒的です。隙間や圧力を与える部分がなく、患者女性ひとりひとりの独特の形態に完全にフィットする、軽くて快適な人工乳房ができあがります。元通りになった胸のシルエットは、多くの場合、患者の自信を回復させる出発点となり、これはあれこれ要求の厳しい再建段階を通じて癌生存者たちをサポートするものです。

その最終結果は、乳首やしみ、そばかすや生まれつきのあざなどを含む、軽くて完璧にフィットする人工乳房になります。

Atelier J’mはペースを上げ続けています。 2010年から義肢装具の分野で3Dテクノロジーを使用しているパイオニアであるモンテネロ氏は、革新的なプロジェクトのための資金調達を続け、新しいパートナーシップと提携を模索しています。彼は来年さらに4人の従業員を採用する予定で、2023年にはチームを10人に増やすことを望んでいます。

そしてArtecスキャナは、モンテネロ氏が決して後悔などしなかった選択でした。Artecスキャナを用いたスキャンプロセスは、かつては達成できなかった高レベルの詳細を提供し、彼はプロセスをこれまで以上に高速化させることに成功しました。こういった繊細な状況には、スピードと精度がこれまで以上に重要になります。それに加え、患者は失いかけている自分の体の部分を再現する上で、それに携わる専門家を信頼する必要があります。その信頼を獲得し、そして維持するために、彼は懸命に努力しているのです。

「私はArtec 3Dが提供するソリューションに満足しています。これは、測定の開発と進歩に大いに役立ちます」と義肢装具士である彼はそう言います。「今日において、 3Dスキャンは医学の分野で単に作成するだけでなく、複製もできることは明らかです。これは、人々が失ったものを取り戻す支援をするために、現在のテクノロジーを形式化して使用するチャンスです」

ガン闘病者のコミュニティを支援する

他の分野やセクターに手を差し伸べることは、3Dスキャンがもたらすもう1つの利点です。肌の上にはりつける人工乳房の歴史はすでに40年に及びますが、その中で新しい進歩と呼べるものは片手で数えられるほどしかありませんでした。人工乳房は失われた乳房の代用になる手段と見なされており、快適さと見た目はしばしば軽視されています。モンテネロ氏は3Dテクノロジーの助けを借りてついにこの状況を変えた人物で、彼は自分の経験を共有する準備ができています。

乳がんの乳房切除術は、何千人もの女性が自分自身と自分の体についての感じ方を変えてしまうことになりますが、肝心なのは、これらの女性は尊敬と称賛に値するということです。これはモンテネロ氏の仕事に深く反映される、とても重要な要素です。

ポジティブな自己イメージを失い、病気とは別のまったく新しい課題に直面することは、がんという名の恐ろしいマラソンのゴール直前に倒れ込むようなものです。モンテネロ氏と彼が紹介したソリューションが不可欠なのはまさにこのためなのです。彼らは乳がんの生存者をゴールに向けて突き進むよう応援し、彼女らが苦戦してやっと得る勝利を決して台無しにはさせないのです。

こちらの記事をメールで送信いたしますか?

Artec 3Dから最新のオファーやアップデートの通知をいち早く受けましょう