金属テーブル

シンプルで、いたって普通のテーブルをスキャンすることは、スキャンの経験が少しでもある人にとっては簡単なことのように思えるかもしれません。しかし、光沢があり、切り分けられた部分や細い線などの複雑なデザインがたくさん施されたテーブルとなると、スキャナの使い方を知っている人ならば、それははるかに大きな課題になると言うでしょう。Artec Studio 15のHDモードでは、このような高度な表面は大きな問題ではありません。しかも、このテーブルは問題なく簡単に(スプレーもなしで!)スキャンされました。

HDモードでは、穴、頭髪、エッジなどの小さく薄い要素を簡単にスキャンすることができます。さらに、鋭いエッジや細い線は最小限のノイズで元の形状に近くキャプチャされます。この場合、それはそのテーブルにできるだけ近い3Dモデルを作成するための重要なステップになります。

このモダンテーブルの3Dモデルをキャプチャするために、Artec Evaが使用されました。このサイズのオブジェクトに最適なEvaは、テーブルを完全な形でキャプチャするために少しだけ助けが必要でした。テーブルの光沢のある外装にスプレーをかける必要はなく、3枚のテープが位置合わせに使用されました。これは、金属の表面の場合に特に注目されるべき作業です。この3Dモデルを様々な角度から見て、細部やテクスチャ、装飾デザイン、そしてそのとても絶妙な外観まで、どれほどうまく全てがキャプチャされているかに是非ご注目ください。ズームインをして、細かい部分までご確認ください。

スキャナ: 
スキャン時間: 
12 minutes
HD再構築時間: 
13.3 minutes
処理時間: 
30 minutes
3Dモデルをダウンロード:
OBJ [13.34 MB]
STL [27.3 MB]
PLY [11.06 MB]
WRL [18.42 MB]
お問い合わせ