フェアリング

オートバイのフェアリングをリバースエンジニアリングしようとなったとき、Artec Leoはその仕事を既に実行する準備ができていました。もともとのフェアリングは3Dスキャンをする上で難しいオブジェクトと見なされますが、Leoはわずか15分でその構造全体をキャプチャすることができました。AI(人口知能)搭載の新しいHDモードを使用したことで、内部の補強部分を含むすべての薄いエッジやさまざまな直径の穴、そしてエアロダイナミクスが考慮されたエクステリア上の長く広範囲に及ぶカーブを簡単にキャプチャすることができました。

Artec Studioソフトウェアでのスキャンの処理はシンプルかつ簡単で、開始から終了までわずか20分で完了し、自動モードを開始させること以外ではユーザーは何も操作する必要がありませんでした。時間を節約させるために、そのスキャンをこのソフトウェアにインポートする前に、スキャンはLeoに内蔵された機能で既に自動的に位置合わせがされていました。

スキャン処理の後、その3Dモデルはその後の設計変更のためにエクスポートができる状態にありました。この時点で、そのモデルは既存の設計を改善するために行う継続的な品質管理プロセスの一部として、もしくは様々な規模の構造的な失敗やそういった失敗のリスクに応じるために、構造的障害FEA(有限要素解析)や負荷/ストレステストのシミュレーションに簡単に使用することができます。

この3Dモデルは、Artec 3Dのゴールド認定パートナーであり、ポーランドのアンバサダーである3D Masterによって作成されました。

スキャナ: 
スキャン時間: 
15分
HD再構築時間: 
5分
処理時間: 
20分
3Dモデルをダウンロード:
OBJ [13.06 MB]
STL [27.73 MB]
PLY [10.91 MB]
WRL [18.15 MB]