クランクケース

このアルミ鋳物のクランクケースは、エンジンブロックから慎重に取り外され、高解像度3DのHDモードを使用したArtec Leoでわずか8分で簡単にスキャンされました。その後は、スキャンをArtec Studioソフトウェアにインポートしてからたった20分の処理だけで、それらのスキャンは今日ご覧いただけるような高精度の3Dモデルに変換されました。クランクケースにある全ての薄いエッジと角度の付いた表面、そしてそのそれぞれの構造にある補強部分は、間違いなく忠実にキャプチャされました。

その結果として得られる3Dモデルは、リバースエンジニアリングやFEA(有限要素解析)、消耗/摩擦予測のモデリングシミュレーション、または自動車設計を専門とする大学や商用のVR / AR環境など、多くの製造プロセスの出発点になる可能性が高いと言えます。そんな3Dモデルが使用される他のアプリケーションとしては、特にヴィンテージやレアな鋳物のコンポーネントのためならば、小規模な鋳造作業で使用できる、3D印刷を利用した砂型の作成が挙げられます。

スキャナ: 
スキャン時間: 
8分
HD再構築時間: 
12分
処理時間: 
20分
3Dモデルをダウンロード:
OBJ [26.71 MB]
STL [56.97 MB]
PLY [22.48 MB]
WRL [36.97 MB]