Artec MicroとGeomagic Control Xを用いて、プロのように部品の検証をする方法

18/06/2021

私達のYouTubeチャンネルには、もうチャンネル登録していただけましたでしょうか?もし既に登録済みだという方には、お礼を申し上げます。登録済みの方は、きっとすでにこのチャンネルが提供する利益を楽しんでいただけていると思いますので、この段落を飛ばしてその次をお読みください。まだ登録していないという方のために、登録のメリットをこれからご説明いたします。簡単に申しますと、チャンネル登録は新しい動画がチャンネルにアップロードされたときに通知を受け取ることのできる、簡単な方法です。これらの動画は、製造業界で3Dテクノロジーをすでに利用している方や、予算や制作のワーフローに適したソリューションを探している方にとって、特に役立つ情報満載のはずです。

親が自分達のすべての子供を愛するのと同じように、私たちは私達のすべての動画を愛していますが、その中でも私達が特にイチ押しする動画をご覧になりたいという方には、「Artec MicroとGeomagic Control Xを用いて、プロのように部品の検証をする方法」と題された動画をお勧めします。こちらの動画は、業界標準のCADやリバースエンジニアリング、および品質保証用ソフトウェアの開発会社である3D Systemsと共同で作成されました。ちなみに彼らの代表作には、Geomagic for SOLIDWORKSやGeomagic Design X、そしてGeomagic Control Xなどがあります。

万能の検査ツールであるGeomagic Control Xが、部品の検証方法をご紹介するこの動画でフォーカスされています。わずか12分の動画で、参照CADモデルからの誤差を検出および特定するために小型機械部品の形状を分析するプロセスをご覧いただけます。各部品は完璧にフィットするように、可能な限り正確である必要があるので、この検証は製造ワークフローにおける重要なステップなのです。

では、それはどうしたら達成できますでしょうか?まず、3Dスキャンで取得した部品の3DメッシュモデルをControl Xにインポートさせ、CADモデルに対しての位置合わせを行います。この動画では、3D比較、比較ポイント、および2D比較アルゴリズムなどといった、Control Xの包括的な3Dモデル比較用ツールセットがご覧いただけます。また、幾何学的寸法や公差(GD&T)機器について、そしてQAレポートの生成方法についてもご紹介いたします。

偏差の分析は、高精度の3Dスキャナがなければ実行は不可能です。今回、機械部品は精度が10ミクロンに達する、デスクトップスキャナのArtec Microによりキャプチャされました。全自動のArtec Microは、小型部品(最大90 x 60 x 60 mm)やギアやジュエリー、そして歯科用品などのオブジェクトから正確な測定値を取得するための簡単なソリューションです。

この計測グレードの3Dスキャナは、世界中に店舗があるArtecの販売代理店よりご購入いただけます。最寄りの販売代理店とコンタクトを取り、Artec Microがみなさんのワークフローをいかに向上させることができるのか、その詳細を是非お学びください。また、3Dスキャナと検査ソフトウェアのパッケージの特別価格についてもお問い合わせください。このパッケージをご利用いただくと、今回ご紹介した動画のようにまるでプロ並みに機械部品を検証することが可能になります。