デイトンモールがお買い物客様に初の3Dセルフィを提供します

17/11/2014

ARTECと Doppelganger Laboratoriesが提携し、ARTECの『Shapify 3Dボディ・スキャン・ブース』 を一般公開します

米・カリフォルニア州パロアルト2014年11月17日– ARTEC グループは、プロ仕様の3Dソフトウェア・ハードウェアの世界有数の開発・製造業者です。3D技術とサービスを提供しているDoppelganger Laboratoriesは、ARTECの3D全身スキャナ「Shapifyブース」を米・オハイオ州デイトンにあるデイトンモールにもってきました。これは世界初の3D全身スキャナブースで、ほんの12秒で1人の全身をスキャンし、「シェーピー」と呼ばれるフルカラーの人形に3Dプリントします。このサービスをショッピングのお買い物客様に提供します。

今週から、デイトンモールのお買い物客様はShapifyブースを訪れ、自身の3D人形「シェーピー」をお作りいただくことができます。「シェーピー」は、結婚式や妊娠、卒業など、人生の大イベントを記録する次世代の方法です。

お客様がブースに一歩入ると、4台のワイドビューのARTEC製高解像度スキャナがお客様の周りを一周して、あらゆる角度からお客様をスキャンします。このハイパワー高精度スキャナは、高度制御が必要とされる航空宇宙、医療、製造の分野でも活躍しており、衣服のしわにいたる、極めて細かいディテールまでキャプチャします。ARTECの洗練されたソフトウェアは無数の生成された画像を自動的につなぎ合わせ、3Dプリントできるよう、3D全身画像ファイルを作成します。お客様は、次にお買い物にモールに来店した際に、プリントされた3D人形をお受け取りいただけます。

「私たちは、米国初のShapifyブースのパートナーシップを発表できることを極めて喜ばしく感じています。」こう語るのは、アルティオム・ユーキン ARTECグループの社長兼CEOです。「デイトンモールに同ブースを設置したことは、お客様の日々の生活の中で3D技術にアクセスできるようにするための大きな一歩です。3D技術、特に3Dプリントは、最近のニュースの中でよく見聞きするようになりましたが、一般の方々に広くお使いいただく段階にはまだ来ておりません。Shapifyブースがより多くの方が初めて3D技術に親しんでいただく機会を提供することにより、この現状を変えていくことが私どもの願いです。

Shapifyブースは、11月18日、米・オハイオ州デイトンにあるデイトンモール(2700 Miamisburg Centerville Rd, Dayton, Ohio)でサービスの提供を開始します。ブースはセンターコートに設置されます。

Shapifyブースに関する詳細は、https://shapify.me/partner/boothでご確認ください。

Doppelganger Laboratoriesについて

Doppelganger Labsは、米・オハイオ州デイトンに拠点を構える3D技術・サービスプロバイダーです。Doppelganger Labsは、オハイオ州で科学・技術・工学・数学(STEM)教育を支援していることに誇りを持っています。同社の目標は1つは、人々の思い出を3D人形の形で残す機会を提供することにより、仕事としてこれらの分野に従事していない人々に3D技術の利点について伝えていくことです。同社は、人々が思い出を3D人形の形で残すという次世代の記録方法のパイオニアになることを目指しています。

ARTECグループについて

ARTEC グループは、米国 (パロアルト)、ロシア(モスクワ)、ルクセンブルクに子会社を展開するグローバルグループです。ARTEC は革新的な 3D ソリューションと製品を開発・製造しています。ARTEC は立体表面データの収集と処理およびバイオメトリクス顔認識技術の専門集団です。ARTECの製品およびサービスは、セキュリティ技術、工学、医療、メディア、デザイン、エンターテイメント、ファッション、史跡保全を始めとする様々な業界で使用することができます。3D フィギュアの製作サービスとして好評のShapifyは、2013 年に ARTEC グループが開発、提供開始しました。 

ARTEC グループに関する詳細はwww.artec-group.comでご確認ください。

メディア連絡先

ショーン・ウェルチ(Sean Welch)

ARTECグループの広報担当Vantage PR

+1 (407) 767 0452 x228

swelch@vantagepr.com