アーテックは日本のバーチャルアイドル制作に関わりました!

19/09/2011

日本はその高いテクノロジーで知られている存在です。今年の夏、東京で行われたバーチャル美少女「江口愛美」の制作において、Artec MHTスキャナは重要な役割を担いました。最高のバーチャル美少女を創造する為、6人の少女達の顔をスキャンしました。本物の少女の顔をスキャンし、その後、目や口、髪や眉毛、そして輪郭や鼻を「愛美」に当てはめました。愛美の口と鼻は、歌に合わせて動きます。3D編集は、愛美に命を吹き込みました。

 

ハイテク技術への愛着に加えて、日本人は、純粋そうな外見やふわふわとしたピンク色の美少女グループを可愛いと思う傾向にあるようです。日本で最も人気のあるポップグループの1つはAKB48です。AKB48は48人のメンバーで構成されている、国民的アイドルグループです。 最近49人目のメンバーとして江口愛美を迎え入れ、その美しさに注目が集まりました。

実際問題として、愛美は現実の人物にしては美し過ぎたのです。製菓会社江崎グリコは、アイスキャンディの宣伝のためにバーチャル愛美を創造しました。AKB48の最も魅力的なメンバーの顔のパーツを集めて愛美に集結させました。

バーチャル美少女は、アイスキャンディのコマーシャルで一躍有名になりました。日本中の人々の心を捉える、3Dテクノロジー史上画期的な出来事となったのです。

お問い合わせ