Artec スキャナーで、有名帽子職人が不滅に

10/07/2012

模型製造を専門に行う SolideXpress社は、3Dモデルを使って有名人の彫像を作ることに決めました。 その第1回目として彼らが選んだのはおそらく世界で最も有名な帽子職人のデービッド・シリング氏でした。 Artec MHスキャナーと3Dプリンタを使って製造されたプラスティックの小さな像は、彼が作る独創的な帽子に夢中なおしゃれな男女には最高のギフトとなるでしょう。

スキャン自体に要した時間はほんの1分でした。その後、後処理に約10時間をかけました。 スキャン時間を短縮するためにSolideXpress社は2台のスキャナーを使用しました。 スキャンにかかる時間が1分半から2,3分に増えるかもしれませんが、1人の人物をスキャンするのには1つのデバイスを使うことはかなり実用的です。 まず、Artec Studioというソフトウェアを使ってモデルを加工し、その後、Zbrushで最終仕上げをします。

こうして出来上がったこの偉大な帽子職人の最終モデルを3Dプリンタに送信すると、小さな模型ができました。.

デービッド・シリング氏の模型をビデオでご覧になるには以下にアクセスしてください.

SolideXpress社のピエール・メイヒグナック部長は、常に動いている人物をスキャンするのは難しさをよく知っていますが、「Artecのスキャナーは毎秒15フレームの速度でキャプチャするので、この動きによる影響やモデルの後処理加工の作業を半減してくれる」と言います。Artecの製品には面倒な事前キャリブレーションが不要で、実質的にどんな照明状態でもスキャンができるため、同社は当社の製品を選びました。これらの機能はArtecのスキャナーを際立たせています。

お問い合わせ