北米最大の3D技術博覧会であるRAPIDで、ARTEC 3D各種スキャナをその目でご覧いただけます

Artecの大人気3Dスキャナ Eva と Space Spider が、北米最大の添加物製造技術博覧会である第26回RAPID 2016に出品されます。RAPIDは近年急成長しており、2015年にはその前年より観客数が約3割増え、全米における3Dスキャンやプリント技術への関心の高まりを示しました。RAPIDでは、業界の専門家とネットワーキングしたり、最新の3D技術に触れたり、これらの技術を各ビジネスでどのように生かすかについての貴重な情報を入手したりする場所として最適です。

このイベントでは、ARTECの最新3Dスキャナとソフトウェアが紹介されます。来場者は最も多目的に使用できるハンドヘルドスキャナである「Eva」を実際に手に取ってお試しいただくことができます。バラク・オバマ米大統領の史上初3D胸像の制作や、高さ4.5メートルのナポレオン騎馬像の3Dレプリカの制作で使用されたのも、Evaでした。

Evaは解像度が極めて高く、半導体チップの米大手メーカーWillman Industries社や、英最大手給水会社Thames Water社を始めとする幅広い企業において、精度が極めて重要な業務で使用されています。Willman社では、鋳造物の測定のために、Thames Water社では、老朽化した水道管の腐食官マップの作成のために、それぞれEvaを使用しています。

Evaは、中規模/大規模オブジェクトのスキャンに最適ですが、極めて複雑な形状の小規模オブジェクトでは、Space Spiderの使用をお勧めしています。受賞歴のあるSpiderの優れた機能を搭載して開発された超高精度3DスキャナSpace Spiderは、誤差0.05mm、3D解像度0.1mmという卓越した精度でオブジェクトの曲線部や細い棒状の部分をスキャンできるため、CADやCAM、リバースエンジニアリング、製品デザインなどに最適なソリューションです。次世代3DスキャナであるSpace Spiderは、国際宇宙ステーションでの使用に耐えるように開発され、最高水準のエレクトロニクスや高度冷却システムにより、周辺条件が変動する環境においても、極めて安定的にスキャンを実現します。

ARTEC 3D製スキャナでスキャンしたデータを、素早く完璧な3Dモデルを作成するためのツールが満載のARTEC Studioで処理します。RAPIDでは、最新バージョンARTEC Studio 11の実演を行います。この最新バージョンでは、より多くのアルゴリズム自動ツールを搭載し、ユーザーの手間を最小限まで減らしながら、最高の結果を実現しています。

ARTECは当社のゴールドパートナーであるScanSource社と共同展示を行います。カンファレンスでは、ScanSource社の事業開発マネージャであるボー・ヘルムリッチ氏が、 白色LEDを使った3Dスキャナを使って素早く品質検査や品質保証を行う方法についてお伝えします。

会場: 米フロリダ州オーランドOrange County Convention CenterWest Building、第661ブース

日時:5月17~19日

お問い合わせ