ハワイ州ホノルル開催2020 NCMS Technology Showcaseで注目のArtec 3Dスキャナ

National Manufacturing for Manufacturing Sciences(NCMS)は、米国の産業基盤の競争力と強度の向上に注力する業界横断的な技術開発コンソーシアムです。 コンソーシアムは毎年、NCMS Technology Showcaseを開催します。NCMS Technology Showcaseでは、業界、政府、教育、テクノロジーベンダーのメンバーが集まり、業界が恩恵を受けることができる革新的なテクノロジーソリューションについて話し合い、紹介します。The 1st NCMS Technology Showcase of 2020は、1月22〜24日に真珠湾海軍造船所、中間保守施設で開催されます。

滞在中は、必ずArtec認定代理店Rapid Scan 3Dのブースに立ち寄り、Artecの2つのハンディ型カラー3DスキャナであるEvaとLeoのデモをご体験ください。 この2つの3Dスキャナは、世界中の多くの業界専門家によって、工業設計及びマニュファクチャリングのプロジェクト向けの最速かつ最も正確な3Dスキャナの1つとして高く評価されています。

3Dスキャンを初めて使用する場合は、最初に有名で最も人気のある3DスキャナArtec Evaをご覧になることをお勧めします。 安全に使用できる構造化されたライトスキャンテクノロジーに基づいたEvaは、オートバイ、合金ホイール、水道管などの中サイズのオブジェクトをキャプチャするのに最適です。 使いやすさ、人間工学に基づいたデザイン、速度、高解像度、高精度のおかげで、Evaはラピッドプロトタイピング、リバースエンジニアリング、自動車産業、その他の分野の専門家の間で特に好まれています。 大きなオブジェクトをスキャンする場合、EvaはArtec Rayと組み合わせて使用できます。ArtecRayは、工場の床、航空機、さらには建物全体などのオブジェクトを高解像度カラー3Dでキャプチャするのに優れたプロフェッショナルな長距離レーザースキャナです。

私たちの最新の製品の1つ、市場で最速のプロのハンディ型3Dスキャナ、Artec Leoを見逃したくないでしょう。 Artec Leoは、電子機器、テスト部門のゴールデンマウストラップ賞の2019年金賞受賞者です。ArtecLeoは、コンピューターやプラグ電源に接続する必要なく、ユーザーに自動高速オンボード処理と完全なモバイルスキャン体験を提供する最初の3Dスキャナです。 ブースで見るように、Leoにはタッチスクリーン、Wi-Fi、内蔵バッテリーが組み込まれているため、完全な暗闇や明るい日光の下でも、いつでもどこでもスキャンできます。 すべてのArtec 3Dスキャナと同様に、Leoの用途は、工業製造と品質管理、ヘルスケア、法医学、VR、eコマースなどを含め、幅広く広範囲に及びます。

ブースでは、Artecの3DイメージングソフトウェアArtec Studioも見ることができます。 この強力なソフトウェアでは、スキャナがデータをキャプチャする方法をカスタマイズできるだけでなく、 また、ジオメトリまたはテクスチャの編集、ベースの削除など、あらゆるスペクトルの3D編集ツールを使用して、後処理スキャン用のArtecスキャナと統合します。 Artec Studioは、自動、手動の両方のスキャンオプションを提供しており、スキャンワークフローに対して完全な柔軟性を提供します。 ソフトウェアは、SOLIDWORKS、Geomagic Design X、AutoCADなどの最高のCADソリューションと統合することもできます。

Rapid Scan 3Dのブースでは、スキャナとArtec Studioの両方を必ずチェックしてください。自分でスキャンすることもできます。

NCMS Technology Showcaseでお会いできるのを楽しみにしています!

場所: Pearl Harbor Naval Shipyard, Honolulu, HI, United States

日時:2020年1月22日~24日

お問い合わせ